アメリカ株と中国株のブログ

Twitterフォローしてね:@sunnyra38541895

貯金って本当にいらないのか #1254

f:id:toushiblog:20220516210912j:image

とある麻雀のプロの人が周りの麻雀プロの人たちに麻雀で勝てば貯金なんてしなくて良いと言われた旨の話を見かけました。その方は40歳になろうとされている独身の女性のようです。まず最初に断っておくのですがその方はとは一切面識もなく、ですからその方がどのように生きようとそれはその方の選択であり尊重されるべきだと思います。またほんの少しの情報で何が正しいとか間違っているとか言うつもりはなくただ今回のブログでは最初の“果たしてなんらかの生業で成功すれば貯金など必要ない”のかということについて考えたいと思います。

まあ結論から言うと貯金が必要無いなどということは無いと思います。そしてその言葉はとても残酷だなと思います。

 

人が生きていくためには当たり前ですが食べていかなければいけません。食べることができてはじめて次の目標に向かえるのです。マズロー欲求段階説でもそれは説明されていますし昔から衣食足りて礼節を知るなんて言葉もあります。そして〇〇ができればお金がいらないというのはおそらく昔日本の経済上り調子で失敗を社会が許容できるからその言葉が生まれたのだと思います。今は失敗した時のためのセーフティーネットを自分で用意しなくてはいけない時代なのだと思います。お金は一番ベターで一番安全なセーフティーネットといえるのではないでしょうか。

 

お金があれば何もかも必要無いのかといえばもちろんそんなことはありません。というかお金よりも必要なことの方が世の中には多い気もします。しかしだからといってお金が必要でないという話にはならないと思うのです。

お金を貯めるというのは正直簡単ではないと思います。時間もかかりますし知識も必要です。そしてお金を失う時はそれまでの苦労はいったいなんだったんだいったように一瞬で無くなります。しかしだからこそ少しずつでも貯めていく必要があると思うのです。貯めなくはならないと思った時がスタートの時です。

 

自分の人生はとてもじゃないけど順調であるとは思えないですし成功しているとは思えません。しかし投資をしてお金を貯めることができるようになってやはり心に余裕ができたと思います。生活費についてあれこれと悩まなくなった気がします。食事についても贅沢さえしなければ食べたいものが食べられます。安い時間を狙って何かを買いに行かなくて良いですし安いからといってわざわざ遠くのお店に行かなくても良いです。まだまだそこまでば到達してはいませんがもう少しで仕事が嫌なら辞めればいいし休みたい時に休むという選択が取れるそんな資産額が目標として見えてきています。

上を見るとキリが無いですがしかし心に余裕があるということはとても大切なことだと思います。

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

もし周りに貯金などしなくても良いという人がいたらその人から遠ざかることをおすすめします。それよりもお金を貯めることが上手い人と仲良くなった方が良いと思います。ちなみに自分はお金を貯めること苦手な人間です。

それでは今日もみなさまにとってより良い一日となりますように。