アメリカ株と中国株のブログ

Twitterフォローしてね:@sunnyra38541895

職場の同僚との会話から #217

f:id:toushiblog:20190221084209j:image

「サニーさんは毎月の給料からいくらか貯金しているんですか」「毎月給料から貯金してるよ(投資と言うと角が立つので貯金と言っています。ここは田舎なのです)」職場の同僚がなかなかお金が貯まらない様子でした。「毎月の給料から先に貯金の額を引いてしまうのが良いよ」と言うと、その女性社員は「その引くお金が無くて困ってるんですよお」と言い、うなだれました。

僕的にもう少し突っ込んで言いたいことを言っても良かったのですが、その人にはその人の家庭があるわけで僕がとやかく言うことではないなと思いその場を去りました。ちなみなその女性は既婚者でお子さんを二人育ててみえる方です。

 

その方は子どもの養育費に頭を悩ませていたのかもしれません。だとすると未婚の僕が何かを言うのは上から目線だとかは思わないにしても適切ではないと思いました。

だけどその女性は喫煙者だし、おそらくお酒も飲む人です。仮に僕が何かを言うならばまずそれをやめるよう言うと思います。もし誰かの付き合いでそういったもの買っているのなら尚更やめるべきだと思います。

「私、子どもを育てるために貯金しなくてはいけないから煙草もお酒も止めることにしたんです」そうやって言う方が僕にはとてもかっこよく見えます。

 

そして給料から貯金の天引きですが僕的にはやるべきだと思うし、天引き後の残ったお金で生活すべきだと思います。もちろんその家庭にはその家庭の事情があると思うので偉そうには言えませんが、しかしきっと天引き後の残ったお金で生活できないのであれば給料が増えたところで結局支出も同じように増えて多分貯金なんてできないのではないでしょうか。そうですパーキンソンの第二法則です。

もし給料から天引きできないのであれば生活の質をダウングレードすることも考えた方が良いのかもしれません。貯金が全くできないのであればそれはそれで結構危険な気がします。

 

そしてあとは投資だと思います。

その一緒に働いている女性社員の方は一生懸命、 仕事をしていて昨日は朝早くから来て夜遅くに帰っている様子でした。その女性から見たら僕なんかは全然仕事をしない不良社員に見えているのかもしれません。だけど僕が思うのはそんな会社でバリバリ働いても絶対に給料が上がらないということです。もし仮に上がったとしてもその働いた量に見合った額では絶対にないです。だったら適当に切り上げて家で別のことの勉強をした方が絶対に有意義です。

時間を投資して、あとはある程度お金が貯まったらそのお金から少しずつ金融資産へ投資をするのです。

そうやって少しずつ余裕を生んでいくことが大切なことだと思いました。もちろん誰かの人生を否定するつもりもありません。その人の人生は尊重されるべきだと思います。だけどもし僕がその女性の立場ならばそうしただろうということを記事にしました。

今日もブログを読んでいただきありがとうございました。

記事の中には書かなかったのですが車を持っている、持っていないというのも大きいですよね。ただこれって家庭の事情もあるのでなんとも言えないのですが車の維持費って本当にお金がかかります。

だから家から近いところに職場を探した過去の自分を結構褒めてやりたいと今は思っています。やっぱり過去からの蓄積は大きいですからね。

それでは今日もみなさまにとってより良い一日になりますように。

僕の人生どうだったんだろ #216

f:id:toushiblog:20190220064927j:image

僕は結局、就職活動というものをしませんでした。まあ僕の通っていた学校もそれほど優秀な学校であったわけではないので就職活動をする意味があったのかと言われれば疑問です。ということで学校を卒業した後だらだらとフリーターをして、その後運良く正社員として拾われて、更にその後紆余曲折を経て今に至ります。

まず思ったことは僕には就職活動時におそらくあったであろうストレスは全く感じることはありませんでした。まあ就職活動をしていないわけですからその通りだと思います。そしてその後フリーターをしていたわけですから実はブラックな職場で働いたことも無いのです。

ただし、全く働かないでいようとは思いませんでした。それはやっぱり安定した収入が大きかったと思います。働けば働いた分、収入が得られることが自分の中で大きかったわけです。

 

僕なんかが若者にアドバイスする立場の人間でないことはもちろん理解した上で言いたいのは、まず学歴とか就活とか最低限生きていく上ではあんまり意味がない気がします。それよりももっとほかに大切なことがあってそれをいち早く見つけることが大切なのだと思います。

あとは学校を卒業してからも勉強することが大切なことのような気がします。勉強、というとなんだか堅苦しいですが興味のあることを追求すると言ってもいいと思います。

 

今は人生をひっくり返す方法がたくさんあると思います。でもだからこそ焦りは禁物です。人生をひっくり返す、誰かをうっちゃりたい、そう思うのであればその準備を丁寧に重ねていくわけです。そしてその準備は早ければ早いほど有利です。もっというと学生の頃から準備していた人はそれこそ就職活動をする必要がなくなるかもしれません。自分の好きで得意で且つお金が稼げるものをいち早く見つけてせっせと準備を始めるのです。

自分のことを馬鹿だとか阿保だとか言って自分自身の可能性を閉じないようにすることが大切です。

 

それでもいまいちピンとこない、だけども人生を変えたいという人はまずググるべきです。もし自分の周りに何か道に迷って思い悩んでいる方がみえたらまずはGoogleで検索させましょう。もちろんGoogleも万能ではないです。だけどもGoogleが何かのとっかかりになる可能性も大いにあります。一日中Googleで検索を続けてそしてメモを取る、それだけでも随分違うと思います。

 

若ければ若いほど当たり前ですけど可能性に溢れています。それは時間がたくさんあるからです。

最後に一番やってはいけないことはなんでしょう。それは他人を気にすることですね。足を引っ張ったり石を投げたり本当に時間の無駄です。自分の人生が好転することは絶対にないでしょう。

今日もブログを読んでいただきありがとうございました。

で僕の人生はどうだったのかというと、たしかに全て幸せかというとそうではないです。だけどこうして生きていて、こうしていまブログを書いていられるわけですからまあまあ良かったといえばよかったのかもしれません。

まだまだこれからですが、なんとなくそんことを思いました。

それでは今日もみなさまにとってより良い一日でありますように。

 

音声配信で稼ぐことはできるのか #215

f:id:toushiblog:20190219113654j:image

Voicyが資金調達したいというニュースがネットで流れていました。その額は7億円です。そこには電通やTBS、そして中京テレビなどが出資しているようです。これってこのブログでも何度か取り上げているように声のビジネスがこれから盛り上がってくるだろうという予測があるのだと思います。ゆえにこういった動きをしているのではないでしょうか。そこにはやはりスマートスピーカーの存在が大きいと思います。まだまだ市民権は得ているとは思えませんがスマホの次の主役にがスマートスピーカーがなる時代が来るのでしょうか。

それにしてもVoicyのファンとしとしてはこの先どうなるのか気になるところです。

 

YouTubeはどうしても画面を見ていなくてはいけません。ですから音声配信はその点が有利です。もちろんYouTubeをラジオ感覚で流すという方もみえるでしょう。しかしそうなるとYouTubeは通信量を取られてしまいます。もちろん5Gサービスが開始になれば状況は違うかもしれませんがまだまだ先です。そしてこれも大切な点としてYouTubeは画面が必要ですが音声配信はスピーカーだけで充分です。やはり音声配信の方が手軽に作成したり、それを聴いたりすることができるようになると思います。

 

仕組みはどうなっているのかよくわからないですがピトパという音声配信サービスは広告を貼っていて、音声配信している人にお金が少しずつでも得られる仕組みを作っています。まだまだ利用している人が少ないですが、利用する人がこれからもっともっと増えればVoicyとはまた違った新しい音声配信サービスになるのかもしれません。

ほかにも僕がよく音声配信しているnoteもありますし、radiotalkという音声配信サービスもあります。そして先日このブログで記事に書きましたようにアメブロが音声配信のサービスを始めました。

 

この先のことは僕にはわかりませんがしかしなんとなく思うのはお金を稼ぐ手段が細分化されていくのではないかの思うのです。細かくお金を稼ぐ方法がたくさんできる。音声配信だけでは生活していくことはできないけど少し収入を得ることができるといったようなことです。

ほかにもたくさんあって少しずつ少しずつ収入を得ていく。そしてその少しずつ稼ぐこと集まりで生活していくそんな生活スタイがこの先やってくるのではないかと思いました。

そうなるためにも音声配信でお金が稼げるように早くなって欲しいと思いました。

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

僕が一番最初に音声配信していたのはヤフーチャットの通話ボタンで流していたのが初めてでその頃から思うと本当に隔世の感があるなあという思いです。そのころは友達とラジオ番組めいたこともやっていました。今は手軽に配信できて本当に素敵な時代だと思います。

それでは今日もみなさまにとってより良い一日になりますように。

資本主義について考えるということ #214

f:id:toushiblog:20190218082206g:image

まず資本主義について考えることの意味について考えてみます。なぜ資本主義について考えることが大切なのでしょうか。これって当たり前でなぜなら今生きている日本という国が資本主義の国だからです(もちろんすでにこの点に反論などがあると思いますが今回の記事はこのまま進めます)。資本主義について考えないということは例えば野球をやっている中のひとたちが野球のルールを知らないのと一緒ですしサッカーの試合をしている中の選手がサッカーのルールを知らずにサッカーをしているということでもあると思います。そんなの本当に滑稽です。ただなんとなくゴールにボールを入れればいい、それだけでぼんやり参加しているのと一緒です。

 

僕が考える資本主義というのはやはりアダムスミスの『国富論』にある“神の見えざる手”というのが大きいと思います。もちろんアダムスミスには賛否あると思います。だけど世の中にあるおよそのものはこの需要と供給によって市場が価値を決めるのだと思います。その前提に立ってそれが正しいのか間違っているのか考え、間違っていれば修正していくわけです。それは法律を変えたり、あるいは公共事業など国が介入したりします。

しかしやはり大前提として資本主義社会というものは市場価値によって値段が決まっていきます。

 

「資本主義は商品の集合体である」そんなことをある人が言いました。まさにその通りだと思います。あらゆるものに金銭的な価値がつきます。“愛よりもお金が大事”なんて言葉も使われる理由がなんとなくわかってしまうところが恐ろしいところです。

もちろんお金で何もかもが解決できるわけはありませんがお金でほとんどのことが解決できるのはやはりこの資本主義が商品の集合体である証拠なのだと思います。

だとするとこの資本主義社会で生きていくためにはどれだけ価値のある商品を提供できるかにかかってくるわけです。

 

例えば今YouTuberがものすごく儲かっていますがその儲かっているYouTuberはなぜ儲かっているのかというと市場がそのYouTuberに価値を認めたからなんですよね。人々の耳目を集めるということはそれだけ価値のあることだったわけなのです。ここで誤解して欲しくないのは当たり前ですけど職業に貴賤など無いですし、僕はそれを認めたりしているわけでは無いです。だけど市場はそう判断したのです。

もちろん僕は経済の勉強をしたわけでもなんでもないです。だからもっともっと資本主義は奥が深いですし、商品や労働についても考えることがあると思います。だけどその資本主義について学んだり考えたりすることが資本主義の社会を生き抜いていくにはとても大切なことだと思います。もし興味のある方は是非、調べてみてはいかがでしょうか。

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

記事の中でも書きましたが僕は経済の勉強をしたわけでもなんでもないです。ですから記事を書きながらどう書けばいいのか、迷った部分があります。ただ資本主義について考えることってとても大切だしそのことがうまく伝わればよかったかなと思います。あと僕自身まだまだ勉強だと思います。

それでは今日もみなさまにとってより良い一日になりますように。

BTIのその後 #213

f:id:toushiblog:20190216214851j:image

少し前、BTI(ブリティッシュ・アメリカン・タバコ)についてブログを書くとpv数が増える、よく読まれるということがありました。僕的にはすごく嬉しかったんですけど、やはり投資をしている人たちにとって気になるところだったのでしょうか。僕のブログは普段から読んでくださっている方がとても少ないわけですが、そんな過疎ブログにいきなり人があつまるわけですからやはりBTIというのはそれほど注目されていたようですね。

で、今僕のブログを読んでくださっている方はどうなんでしょうBTIは買われたのでしょうか。買った方も買わなかった方もみえると思います。関係ないって人も多いと思います。

 

その後BTIはどうなったのかというと無事配当も入ってきて、そして株価は下がりすぎだったのかこちらも無事値上がりして買って良かったといえる株になったと思います。やはり売られすぎていたということだったのでしょうか。同じタバコ株仲間のMOことアルトリアグループ もPMことフィリップモリスも順調に株価を戻しています。株は先のことなんて絶対にわからないのでなんとも言えませんが、まだまだ充分に戻ったとは言えないのでこの先も上昇を期待しても良いのかもしれません。アルトリアグループ やフィリップモリス分散投資するというのも良い気がします。

 

ただし注意すべき点もあると思います。というか懸念材料がいきなり消えたわけではありません。この株価の上昇が売られすぎていた反動にすぎないのであればこの先の状況によっては株価の上昇も終わり、再び株価が下落するかもしれません。

そしてイギリスのEU離脱をめぐるすったもんだによってポンドが下落すれば手に入る配当も少なくなる可能性があると思います。そして例のメンソール煙草をどうするのかという問題も結果が出ていないのでこの先の状況は不透明なままです。減配の可能性ももちろんあります。リスクが高いということは常に頭の片隅に置いておいた方が良いと思います。

 

とはいえタバコ企業は常に潤沢なキャッシュを持っていますのでリスクの許容する範囲であればまだまだ買うチャンスはあると思います。BTIは利回りがまだ6%から7%程ありますしMOもまだまだ6%を超えています(2019/02/17時点)。NISAで買うことができれば日本での課税は免れますのでとてもおいしい投資になると思います。

先日もブログの記事にしましたようにMOはずっと増配を繰り返しているのでこの利回り時にMOを買うことができれば老後までずっと持っていてもいいレベルです。そしてタバコを吸っている人を見て内心でにやにやしましょう。煙草を吸うよりもタバコ企業の株ですし、宝くじを買うよりもタバコ企業の株です。そして超長期で持ち続けていきましょう。

まさに資産株です。

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

全く記事の内容と関係無いのですが、このブログを読んでいる方々は読書とかどうされているのでしょうか。というのも最近の悩みが積読している本が溜まりすぎて読書が追いついていない状態なんですよね。多分kindleにすればいいと思うのですが本当に今困ってて切実な悩みです。

ただ本は迷ったらどんどん買いたいものだし難しいところですね。

それでは今日もみなさまにとってより良い一日になりますように。

投資をするということは未来を考えるということ #212

f:id:toushiblog:20190216064327p:image

僕が子供の頃こんな話を聞いたことがありました。それは「任天堂株を買って大金持ちになった」といった話です。僕が子供の頃は任天堂ファミリーコンピューター、通称ファミコンが発売されたばかりの頃です。ほんとうに子供の頃で、でもなんとなくそれはそうだろうと思えました。それほどまでに子供心にファミコンは人気でしたし、そして当時のトレンドはゲームだったのです。そして現在、過去の任天堂株の推移を振り返って調べてみると凄まじいものがあります。そして当時なんとなく耳にしていた言葉というのは真実だった知ることができます。当時、任天堂の株を買った人はどれぐらいいたのでしょうか。

 

ある有名な起業家の人が少し前に当時インターネット株を適当に買って、放っておいたらどんどん値段が上がっていったと話していました。つまり現在はインターネットの時代なのです。と言うと少し語弊があって、もしかしたらインターネット黄金期の尻尾にいるのかもしれません。あと10年はイージーモードが続くがその先はどんどん淘汰されていくだろうと、別のインフルエンサーの人が言っていました。

噂レベルの内容になってしまって申し訳ないのですが要するに今現在はインターネットの時代である、しかしそれももうすぐ終わるのではないかというのです。

 

さて未来から見て現在はどんな時代なのでしょうか。そしてこれから進む未来はどんな時代なのでしょうか。投資で成功する人というのはそういった視線を常に持ってる人たちなのではないでしょうか。これからはインターネットの時代だと思うことができるのであればいち早くインターネット株に投資をすることができたのだと思います。そしてヤフーの株を買うのか、Amazonの株を買うのかわかりませんが意外とあっさり投資に成功するのです。

そうあの時、任天堂の株を買っていたようにです。

 

過去を遡るとWalmartが隆盛した時があり、そして更に前には鉄道が隆盛していた時があったようです。そしてその時に投資をして財産を築いていくわけなのです。

果たして現在のインターネット株はこの先も更に繁栄し続けることができるのか。取り敢えず僕は“できる”と思ってインターネット株に張っています。しかしもし終わることがあるとすればもしかすると国単位での規制なのかもしれません。それともそれらを切り抜けて更に更に栄えることができれば株価の更なる上昇があるのかもしれません。

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

内容の繰り返しになってしまうのですが任天堂の株って本当にすごかったんですね。よく言われるのがもともとトランプや花札を売っていた会社だったということです。仮にその頃から株を持っていれば凄いことになっていたと思いますが、そうでなくてファミコンが発売されてしばらく経ってから買っても全く遅くなかったということです(ゲームボーイが発売されたりスーパーファミコンが発売されます)。いやあ、本当にすごい。

当時は証券会社に足を運んで買ったりしてたのでしょうかね。

それでは今日もみなさまにとってより良い一日になりますように。

 

成功体験の功罪 #211

f:id:toushiblog:20190215105628p:image

僕は基本的に戦前の頃の日本とかあまり好きになれません。なんだか暗い気持ちになってしまうからです。しかし日本の終戦前後を題材にした映画を見ていたのですが、その映画を見て色々思うことがありました。

その時見た映画の内容は、まあ暗かったのですが日本が戦争に負けているのにもかかわらず日本の軍隊はなかなか負けを認めることができずずっと威勢のいいことを言っているというものでした。そしていよいよ切羽詰まっているのにもかかわらずアメリカから提示されたポツダム宣言を受け入れるかどうかでまた揉めるのでした。受け入れるにしても全て譲歩できない。そんな具合でした。

 

もちろんその映画がなんの疑いようもないものだった、なんていうつもりも全く無いです。だけどその時感じた日本がいつまでも成功体験から抜け出せないでいるというのは今の日本にも言えることだと思います。戦後の製造業で成功した成功体験をそのまま引きずって自分の周りの途上国が力をつけてきているのにもかかわらずそれを認めようとしない。そしてまだまだ自分たちはすごいと胸を張り続けているのです。

確かに過去はすごかった。すごかったけど本当はもう過去は過去で次に切り替えていかなくてはいけない筈なのにそれが出来ていません。

 

僕は政治家でも無いですし、ましてや日本を変えようなんて思ったことはありません。それどころか日本の未来とか少しどうでもいいとか思ってしまう人間です。それよりも自分の未来の方が気になっていてその映画から自分は何を学ぶべきか、という方が大切なことのように思うのです。

僕がその時思ったことは成功体験はとても大切で絶対に必要なことだけれど、その成功体験をいつまでも引きずってしまうと次のステージに行けなくなってしまう、というものでした。まさに日本が何度も繰り返してきている過ちですね。

 

成功体験は気持ちよくさせてくれて、ある種の“ブースト”のように背中を押してくれます。だけどそれに頼ってばかりいると自分の足で歩くことを忘れてしまう、そんなイメージです。つまりどれだけその背中にあるブーストを捨てて次なステージに行くことができるのかが大切なのだと思いました。

そして次のステージは次のステージでまた小さくてもいいから成功体験を元に歩みを進めていくのです。やってはいけないのはいつまでも過去の大きな成功体験を持ち出していい気になって何の努力もしてこないことがよくないのではないでしょうか。

ちゃんとリスクをとったり、ちゃんと学んだり、すべきことは沢山あります。

成功体験は必要だけどそこにいつまでも頼りすぎない。そんなことを学んだここ最近でした。

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

この記事を読んでいただいている方はどうな成功体験をお持ちですか。成功体験をお持ちの方はその成功体験に自分の人生をいつまでも引きずられていませんか。成功体験は薬にもなるし毒にもなります。気をつけたいものですね。

それでは今日もみなさまにとってより良い一日になりますように。