アメリカ株と中国株のブログ

Twitterフォローしてね:@sunnyra38541895

VTIを積み立てていく その3 #1135

f:id:toushiblog:20211019145832p:image

相場が強気に転換したということでVTIを買おうとしたのですが既にフルインベスメントでしたので買うことが出来ない、そんなことを思っていたら配当が少し残っている、ということで手元にある僅かな配当で一つだけ買いました。230.64ドルで約定しました。相場が開いて30分くらいした時だと思います。そこからは引けにかけてハイテク株が上昇してくれたのもあってVTIもつられて上昇してくれたのでなんとかいきなり損をするということは免れました。

10月は個人的にもう一波乱ある気がします。しかしその一波乱があったにせよやはりここからは強気で行くべきだと自分も思います。

 

先日のブログ記事、VTIを積み立ていくその2についてもう少し考えたいと思います。まずは500万円から1000万円の道のりです。現在のVTIは評価額が450万円です。このまま年末を迎えると個人的には500万円ぐらいまで上昇すると思っています。そして年末になったらAAPLとXOMを売って40万円を作り、そして年末の賞与から20万円を足して60万円を上乗せしてスタートすることができます。そして場合によってはMicrosoftを5株売って20万円作り、更に場合によってはABBVも売ろうかなと思っています。そしてそれらを合わせて560万円から600万円の間で次の1000万円までの道のりをスタートさせるわけです。

 

最初の500万円から1000万円までの道のりを3年と設定しました。例えば550万円からスタートさせると残りが450万円となります。自分としては年二回の賞与から20万円はそのままVTIに突っ込むつもりですので40万円を3回で120万円を計算します。すると残り320万円になってそこから毎年の配当を少なく見積もって10万円ずつ入れると320万円から30万円を引いて290万円となります。3年で平均100万円ずつVTIの評価額が伸びればざっくりとした計算ですが計算上は到達することができます。

 

複利の法則というのは雪だるまが大きければ大きいほど次の増加が効いてきます。つまりなるべく早くに雪だるま、つまりVTIへの投資額を大きくしておく必要があるわけです。ですから年始のVTIの評価額3年で1000万円の道はスタートが500万円、550万円、600万円ではおそらくその先のスピードは大きく変わってくるのだと思います。

ということで来年からのスタートをどのようにスタートさせるべきか現在思案中というわけなのです。あたり前ですが自分としてはとっととリタイアしたいと思いますのでできるなら600万円でとっととスタートさせたいなと思ったりもしています。

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

さてさて計画通りに進むでしょうか。みなさまはどう思いますか。ポイントはなるべく早く積み立てることだと思っています。

それでは今日もみなさまにとってより良い一日となりますように。

VTIを積み立てていく その2 #1134

f:id:toushiblog:20211018212206p:image

このブログでもたびたび書いているのですが自分がアメリカ株を買う時に参考にしている人は広瀬隆夫さんとジムクレイマー氏です。このお二人が何を言うかによって自分は何を買うのかなどとても左右されます。というか自分は投資について特にすごい成績を残しているわけではないですし何かすごい経験があったり知見を持っていたりするわけでは無いです。なので自分が信頼できる人を見つけてその人の教えに従うのみなのです。

余談ですがそんな広瀬隆夫さんや株クラのインフルエンサーの人に突っかかる人をたまにTwitterで見かけますがその人達はどれだけ株で稼いでるんでしょうかね。よくわからず変な絡みをしている人を見ているとその人たちは余程自分に自信があるのかなと思ってしまいます。

 

そんな広瀬隆夫さんですが投資姿勢をネガティブからポジティブに意見変更されました。ということで広瀬さんがフルインベスメントで挑むとのことですが自分はもうとっくにフルインベスメントだったので今回の広瀬さんのポジティブな言葉より安心感をもらいました。

自分の今年の目標はVTIの株価が250ドルです。250ドルまで行けば今の為替水準だと480万円ぐらいになります。来年の年始VTIの評価額500万円スタートが見えてきます。そしてVTIの評価額4000万円までの道のりがスタートします。

 

目標は4000万円で13年での到達を目指します。まず来年なるべく500万円より上でスタートして3年で1000万円を目指します。そして次の5年で2000万円、そしてその次の5年で4000万円です。この目標通りに行くかどうはわかりません。一応、単純な計算ですが5年で倍になることを想定しています。そしてその倍というのはVTIをほったらかしていて到達するパフォーマンスです。ですから自分の手取りを入れたり配当を入れたりすれば早く到達できるはずなので13年でのこの計画は自分としては保守的で無理のない目標だと思っています。

 

まず今年の年末までにVTIの株価が250までいかなかったとしても来年の年始から500万円をスタートさせたいのでXOMやAAPLを売ってそこに出そうかなと思っています。あとは年末の賞与もあるので500万円よりも上でスタートすることはできると思います。まあそもそもVTIの年内に株価が250ドルに到達しないということは少ないと思っているので来年年始に500万円以上のスタートというのはクリアーできると思っています。

ただし投資の目標は保守的ですが、しかし自分の人生はこれから何があるのかわかりません。なのでこのVTIの評価額が4000万円になる未来が達成できるかどうかは正直いうとわかりません。しかしそこは目標ですので温かく見守ってくれれば良いかなと思っています。

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

自分のこのVTIの評価額4000万円という目標ですが額が小さければ小さいほど自分の力でコントロール出来ると思っています。ですから500万円から1000万円までを3年としたのです。3年は厳しいかもしれませんがなんとか達成してもらいたいものです。

それでは今日もみなさまにとってより良い一日でありますように。

VTIを積み立てていく #1133

f:id:toushiblog:20211016124344p:image
今週、一週間を通して見ると円安が大きく進みました。そして株価が戻してくれたこともあって総資産で最高額を更新することができました。しかし JNJはマイナスになったまま戻ってきていません。そしてABTも一度最高値を更新したのですがそこから大きく下げてしまい買った時の株価でウロウロしています。BTIも一時株価が40ドルに達しましたが今はその勢いもありません。

つまり何が書きたいのかというと一部の銘柄、MicrosoftとVTIが自分の資産を大きく引っ張ってくれていました。利益の額も大きくなりました。しかし自分以外の人でもっともっと利益を取っている人がいるので自分もまだまだだなと思います。

 

自分の持っているVTIの利益が最高値に達して35万円の利益になっています。しかし以前このブログに書いたのですがVTIを2016年頃に買ってそこからずっと保有している方のブログを見てみると100%以上の利益になっています。自分の利益は10%にもなっていないのでまだまだ保有していきたいなと思います。Microsoftも20%を超えていますが自分よりももっともっとすごい方がいるので自分も負けじとホールドです。

他の保有されている方のブログを見て目標にしてホールドし続けるというのはとても良いなと思いました。

 

この先少し株価が上に行きその後その上昇の反動のような下落があった時VTIが株価230ドルを維持できるかが自分の中でのポイントです。もし維持できるようであれば235ドル、240ドルと行ってくれる気がします。年末の目標は個人的には250ドルですが年末までに突破できるかどうか自分のなかで楽しみなところです。

そしてVTIの現在の損益率が円換算で9%程なので15%、20%とクリアして欲しいと思いますます。なるべく早く評価額が1000万円になって2000万円へのスタートを切りたいものです。

 

VTIの評価額が5年で倍になるのであれば10年で4倍になります。しかしこれは何もせず放っておいての結果です。積み立てていけばもう少し早くに達成するかもしれません。2000万円を超えたらアーリーリタイアとまではいかないまでも60歳の定年で退職、悠々自適の老後が送れるような気がします。どこか旅行に行くにしても身体が丈夫なうちしか行くことができません。60歳よりなるべく早くにリタイアしてそして残りの10年、20年を楽しく暮らす、それが理想的な道なのではと思うようになりました。

千里の道も一歩目からということでVTIを頑張って積み立てたいと思います。

今日もブログを読んでいただきありがとうございました。

残された時間はあるようで無く、無いようでまだある。そんな心持ちです。しかし時間はあっという間に過ぎ去っていくのでしっかり計画的に増やしていこうと思います。

それでは今日もみなさまにとってより良い一日でありますように。

株価が上昇しました #1132

f:id:toushiblog:20211015073454j:image

グロース株が上昇していますね。そしてハイパーグロース株も上昇しています。散々グロース株が駄目だだとか、ハイパーグロース株はしばらく苦しむのではないだろうかと書きましたが予想通りにはなりませんでした。予想なんてそんなものです。ということでグロース株やハイパーグロース株をしっかり持っていた方おめでとうございます。そして自分の買ったXOMは奮わずマイナス圏をジリジリしています。原油価格がどうなるのわからないですが一旦配当の権利確定日までは持っていようと思っています。権利確定日を過ぎればそこでの成績で考えようと思います。

 

まあ一日で何か思うことはないですが苦戦するであろうと思っていたハイパーグロースが上昇してここからはバリューの時代だと思っていてもうまく上昇してくれないとハイパーグロースを買っておけばよかったと思うよりもVTIにしておけばよかったなという思いの方が強くなります。繰り返しますがまだ一日での出来事なのでこの先のことなんてわからないですがVTIであれば上がりは少しかもしれませんが下げも少しで、少しずつ最高値を切り上げてれます。そして何年か後に随分と遠いとこまで来たなと思えるのだと思います。もう派手なのはいいので地味でもいいのでしっかりと上昇してくれる投資先が良いのです。

 

昨日のアメリカ株は皆さんご存知の通り大きく上昇しました。円安も手伝って自分の資産は自己最高です。これまで1050万円あたりの壁を抜けられず行ったり来たりしていたのですが今回の上昇により1070万円を突破しました。

しかし10月はまだまだ順調に上昇するとは思えません。楽観視はできないですね。大きな下げはないがだらだら下がるというのが広瀬隆夫さんの見解です。自分自身もそう思います。だからこそVTIを買って上昇は少なくともしかし下落も小さいそんなゲームをしたいと思います。

 

年末や来年の話をするのは早すぎるかもしれませんがVTIの今年の目標を250ドルとします。250ドルまでこれば自分の資産も更に増えて良い年末が迎えられる気がします。

そして原油相場がどこかでピークをつけた時に売り、そしてAppleももしかすると売って年末の賞与と配当を合わせてVTIに合流させようと思っています。そうするとおそらく500万円ほどになるので500万円からVTIの成長記録のようなものもこのブログで書いていけたらと思っています。つまり新企画VTIの成長の記録です。

そんなことを少し思っています。

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

本当は全財産VTIでもいいかなと思ったのですがそこは思い止まりました。しかしもうVTIを買って積み立てていくというので良いかなと思っています。

それでは今日もみなさまにとってより良い一日でありますように。

XOMを買いました #1131

f:id:toushiblog:20211013093937j:image

ということでついついというか遂にというかXOMを買ってしまいました。手元に残っている現金は6,000円ほどです。つまり完全にフルインベスメント状態です。今まで散々Appleを買うと言ってきたのにと思われるかもしれません。自分でもそう思うのですがやはりこの先ハイパーグロースは少しキツそうですしGAFAMと呼ばれる企業、まあハイパーグロースとまでいかない普通のグロース株でもやはりこの先少しキツいかなと思ったからです。ただ今持っているMicrosoftと少しだけのAppleは持ち続けようと思っています。今というか年内ぐらいはこれらの株でさえ少し向かい風な気がしますがまた風向きが変わればそれらの株の上昇するチャンスがやってくると思うからです。


XOM、exxon mobileは現在風が吹いている石油株ですね。石油株に乗るのには少し躊躇いがありました。すでに高値にあってここから乗っても怪我するだけではと思ったからです。しかしXOMはまだコロナ前の株価に戻っていませんでしたし配当率も高かったので買っても良いかなと思ったのです。何より現在円安がどんどん進んでいるので現金を持っているとおいていかれるのではと思ったからです。しかし17万ぐらいなのでおいていかれるといっても大したことないと思うのですがそんなわけもあってXOMを買いました。

 

しかしジリジリとした展開が続きますね。アメリカ株はここまで円安が随分進んだのにほとんど変わりなしです。変わりなしということはつまり株価の下落に対して円安でヘッジしているということになると思います。ここまで円安になっても増えない、むしろ微減しているということは余程株価を落としているのだなと思います。

こういう時は配当がとても助かります。11月になれば配当がはいってきます。その配当によってなんとかこの場は凌いでいきたいところです。

 

そしてこの先の投資戦略ですがしばらくVTIを買い続けようと思っています。もう年齢的に大きな勝ちを狙いづらくなってきています。小さくてもいいからコツコツと勝ちを重ねていく戦い方になると思うのです。VTIだけということにはならないにしても個別株というよりはETFを重視した買い方になる気がします。ただVTIとQQQを買うことにあまり意味がないという話もありますようにやはりVTIをどんどん買っていくというのが基本になると思います。5年で倍になる計算でいけば老後はかなり大きな資産になると思います。その大きくなっていく過程を楽しむゲームになると思っています。

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

VTIを積み立てていくゲームとは単純そうに見えて過酷なゲームだと思います。だけどそれが一番安全で確実なゲームだと思うのです。

それでは今日もみなさまにとってより良い一日となりますように。

長期金利の上昇にどうやって挑むのか #1130

f:id:toushiblog:20211011103735p:image

インフレについてあれこれ書くつもりはなくて、というか自分はそれほど詳しくもなくそして“自分はそれほど詳しくない”という自覚があればそれで良いと思っています。それほど詳しくないからいろいろ調べたり考えたりするからです。

それはともかくインフレになると長期金利の上昇に繋がり、そして長期金利の上昇は株式投資にとっては不利になります。しかし不利だといいつつも別に全く戦えないわけではないと思います。長期金利がじわじわと上昇していく中でどのように戦うのかいくつかの選択肢を考えてその中から選べば良いと思います。

 

その一として銀行株を買うというのがあると思います。銀行株は長期金利の上昇に恩恵を受ける株だからです。今の銀行株は確かに上がり過ぎかもしれませんがしかしまだまだ趨勢としては上昇していくと思います。ではどんな株を買えば良いのかというと個人的にはPERが低くてかつ配当利回りの高い株を買いたいところです。ですからやはりMSが良いのかなと思うのですがどうでしょう。マカベエさんの動画でジムクレイマー氏の銀行株についてどう思っているのか追うのもありまだと思います。確かジムクレイマー 氏はGSとMSを推していたはずです。もしくは金融のETFを買うのも良いかもしれませんね。

 

次に考えたいのは高配当株かなと思います。高配当株というもたばこ株ですね。ただしたばこ株は今は少し売られていて少しぶが悪いです。ここで拾うのもありな気もしますが、エネルギーの高配当株が良いかもしれません。というのも原油価格の高騰により株価の上昇も狙えてかつ配当も貰えるからです。CVXやXOMですね。これらの株から配当をもらいつつ株価の上昇も狙うわけです。

なぜ配当が良いのかというと長期金利の上昇は株価の上昇を抑えるからです。ということは安定して配当を出している企業の配当をチマチマもらったその場を凌ぐというわけです。

 

そして最後は例えインフレでも関係無いと思える株を買うというのもありだと思います。まあGAFAMがまだ伸びると思えば買うということですね。確かに苦戦するかもしれませんがそれがなんだと思えるかどうかだと思います。

ただしやはりバランスが大切だと思います。グロース株一辺倒だとかなり苦しくなると思います。記事に書いたような株を買ってバランスを取りつつ長期金利の上昇に対抗していくというわけです。これってつまりバランス良く分散投資しなさいよということです。ということもあってか結局VTIがやっぱり良いのじゃねと思ってしまいます。分散が効いていることがこの先とてもよいことのような気がします。

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

結局AAPLではなくてVTIを買おうかなと思っています。

それでは今日もみなさまにとってより良い一日でありますように。

一周回ってやっぱり #1129

f:id:toushiblog:20211010205946j:image

ついにというかなんというか発見してしまいました。それはVTIに投資をしてそのVTIがどんなふうに儲かっていったかを追っかけているブログです。早速Twitterでフォローしました。そしてそのブログを見ているとなんとVTIが112ドルの時に1000万円分買っているというものでした。すごいですね。そしてもうお分かりだと思いますが現在のVTIの株価が226ドルですから2倍以上になっているわけです。ではこの2倍になるのにどれほどの期間を費やしたかというとここが問題でなんと4年と10ヶ月とのことでした。すごくないですか。個人的にはあっという間という印象を受けました。

 

ちなみに4年と10ヶ月の間その方はVTIでもらった分配金の分で追加投資をしていました。つまり自己資金を入れていないのです。ということは少しずつでもいいから自己資金を入れていくと複利で増えていくスピードも変わっていきますから更に早く倍になるというわけです。

自分のVTIの評価額はおよそ430万円ですがここに何も追加で投資せずにほったらかしておくとおよそ5年後に860万円になりそしてそのまた5年後に1720万円になります。ということで10年後には老後の生活資金問題で色々揉めていた2000万円にはほとんど到達したといっていいと思います。

 

こうなってくるとハイテク株の投資することに対してどうなんだろうという疑問を持ってしまいます。もっというと今自分が投資しようと考えているAppleについてです。Appleの株は確かに買いたいです。しかしその資金でVTIを買うのもありなのではと思ってくるのです。いやはや難しいですね。

結局一周回ってVTIで良いのではないかということになってしまいます。VTIに全力投資してずっと保有し続けるこれが安全でかつ確実だと思えるわけです。

 

10月最後の日まで大きな暴落が来るかもしれないと思っていましたがここに来てだんだんと大きな暴落が無いかもしれないと思うようになってきました。もちろんそう思った時が一番危ない時なのかもしれません。しかし大きな暴落がなくしかしここから低成長の状態が続く可能性があるかも知れないのです。ということでやっぱり銀行株かもしくは高配当株でインフレに対抗するというのも一つの手段ですがVTIのようにバランス、つまり分散を効かせることによってインフレに対抗するというのも手段だと思うのです。少なくともハイテクだけが勝てる世の中は終わろうとしているのかもしれません。

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

記事にも書きましたVTIの記録を書いているブログがすごく興味深くてずっと読んでいました。

それでは今日もみなさまにとってより良い一日でありますように。