アメリカ株と中国株のブログ

Twitterフォローしてね:@sunnyra38541895

VTIを一つ買いました #1172

f:id:toushiblog:20211218222548j:image

VTIを一つ買いました。そして賞与が入ったのでSPXLを19万円分買いました。最近自分の中で決めたことがあってVTIを毎月最低一つ以上買っていこうというものです。この先のアメリカ市場はどうやら今起こっているぐずぐずした感じを引きずっていきそうです。これから利上げがありそうだ、だとかいうニュースが流れてくると織り込まれているとはいえ市場かギクシャクするのは目に見えてきます。例えば二月や十月のようにアノマリー的に弱い月などはそれこそ相場に調整を入れるための言い訳に使われそうです。ですから来年も今年や昨年のように簡単に株価がスムーズに上昇していくということは考えづらいわけです。

 

ですから自分のポートフォリオに守りの強い株なりETFを入れる必要があるわけです。ここで注意が必要でそれは現金や債券を買うべきというわけではなくて株やETFでディフェンシブなものを買うわけです。

というわけでVTIを一つずつでもいいから少しずつ積み立てていくというのはつまらなくて地味で地道な投資になるかもしれませんが強力な力を発揮してくれると信じているわけです。何ヶ月連続、などと少しゲーム性を入れながら楽しみつつ積み立てていくというのが面白いかもしれないなと思いました。

 

一方でSPXLは投資として成功したかどうか少し微妙な感じになってしまいました。これは年末の株高、クリスマスラリーを狙って買ったのですがしかしその思惑は外れてしまいました。というのもまだ年末の株高という様子もないですしクリスマスラリーという感じでもないです。それどころかレバレッジのかかった投資の弱点でもある上下に動くレンジを形成する相場になってしまい指数を見ると上にも下にも入っていないのに資産的にはずるずる下げていくという一番悪いパターンに入っているように思えます。まだ一月中頃までは持っていようと思っているので勝負がついたとは思いませんがあるところで利益が出たら切り替えることも時には必要かもしれません。

 

果たしてSPXLの投資がこの先も必要かどうなのか少し自分の中で揺らいでいます。そう考えるとNISAという制度は良い制度だなと思います。なぜなら株を売らないためのインセンティブが働いているからです。これと決めてNISA枠で買えば余程のことがない限り売らない方が利益になるからです。来年の一般NISA枠は120万円です。しかし再来年になるとほとんど100万円程に一般NISAの枠が小さくなってしまいます。NISA枠に課税するとかおかしなことを話している政治家がいましたがそんなことしなくていいのでNISA枠の額を120万円のまま維持するだとか更に枠を広げるだとかしてくれればいいのにと思いました。

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

もう12月も半分を過ぎました。残りの半分も変わらず頑張ってお金を増やしたいと思います。

それでは今日もみなさまにとってより良い一日でありますように。