アメリカ株と中国株のブログ

Twitterフォローしてね:@sunnyra38541895

Microsoftより配当金をもらいました #1171

f:id:toushiblog:20211216131928j:image

Microsoftより配当金が入りました。一株あたり0.62ドルで35株ありますので21.7ドルになります。そこから税金を引かれて手残りが15.61ドルです。1ドルを114円とするとおよそ1,779円になります。1,779円というとだいたい一人の成人が一日自炊して食事するぐらいの金額でしょうか。贅沢するでもなくなんでもない平日の一日を過ごしたとしてその時、家で食べる食事の金額がこれぐらいのような気がします。TwitterFacebookYouTubeで派手な生活を見たりするかもしれませんが日本にいるほとんどの人は毎日平凡に暮らしてるはずです。そして平凡に暮らしていて平凡に一日を過ぎた日の一日の食費がマイクロソフトから手渡されたわけです。そう考えると一日とはいえ何もしてないのに貰えるわけですから感謝でしかありません。

 

Microsoft配当利回りが0.76%ですから少ないと思われるかもしれません。しかし調べてみるとすぐに分かると思いますが儲けのほとんどを株主に還元しています。その額もものすごい額ですし儲けから支払われる比率もかなり高いです。そしてここからが重要なのですが、こういった“しっかり儲けて、しっかり株主に還す”そういう株がこの先上昇していくのだと思います。逆をいうと売上はあるけど利益が出ていないだとかそもそも売上すらもちゃんとあがっていないのに期待だけで上昇していた株だとかそういう株はこの先厳しいということです。もちろん利益が出ていてもそれ以上に過度な期待をされている株も厳しいと思います。

 

そういった点でこの先もMicrosoftは優良な株であり続けると思います。ただ一つ懸念点があるとすれば今年SP500の中でとてもパフォーマンスが良かった株の部類に入るということでしょうか。つまり今年大きく上昇したということは来年は小休憩ということがあってもおかしくないということです。大きく上昇すればその反動はあって然るべきです。しかしマイナスにならないだけでも凄いと思います。優等生らしくそこそこの成績でそこそこのパフォーマンスを見せてくれると期待します。

 

来年の相場はハイパーグロース株にとってきつい相場になると思います。そしてそれは今まで相場を引っ張ってきたメガテックなグロース株にも全く無影響ということにはならないと思います。ただ自分はAppleMicrosoftは持っていても良いと思います。それは繰り返しになりますが株主還元が手厚いからです。自社株買いも大量に行ってくれますし、配当もしっかり出してくれます。もちろん増配もしっかり行ってくれると思います。今年ほどのパフォーマンスは出ないかもしれません。しかしそれでも良いと思えるかどうかなのです。自分は良いと思えるのでこのまま保有し続けようと思います。

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

Microsoftの株は一度売ってしまった苦い経験があります。本当に悔やまれます。このまま保有し続けようと思います。

それでは今日もみなさまにとってより良い一日となりますように。