アメリカ株と中国株のブログ

Twitterフォローしてね:@sunnyra38541895

綺麗なチャートの株を買う #1110

f:id:toushiblog:20210909141435j:image

先日ブログだNISA枠が44,000円ほど残っていると書きました。まだ何か買ったというわけではなくそのまま保留です。これもその時のブログにも書きましたように、どうせ買うなら株価が綺麗な右肩上がりのチャートした株を買いたいと思うわけです。そしてNISA枠であれど一過性のブームで終わるのではなく20年、30年と右肩上がりが続く株はないのかといろいろ考えていました。

そこでチャートが綺麗な右肩上がり株といつ視点や有名な資産家が保有している株などいろいろな視点から調べてみました。そうするとたくさんあったのでそれらを紹介していこうと思います。ちなみにハイテクはMSFTとAAPLを持っているしVTIも構成銘柄の上位がハイテクなのでパスです。そしてハイパーグロースも一過性で終わりそうな気がするのでパスです。


ちなみに予算は最初に書きましたようにおよそ44,000円より下に抑えなくてはいけません。そう考えるとハイテクは駄目だと書きましたがもし買うのならQQQはありかなと思います。QQQならばおよそ40,000円で買えます。40,000円近くといえばバフェットさんが保有してしているMCOもおよそ40,000円で買えます。そしてチャートは右肩上がりです。

他にも欲しい株はたくさんあって前から話しているADPが欲しいなと思うのですがADPは微妙に二つ買えない額なんですよね。もし大きく下げて200$以下になったら二つ買ってNISA枠を埋めたいです。

 

そうやって調べているうちにいろいろな株に出会いました。INTUはものすごく綺麗な右肩上がりです。しかし株価が560ドルなのでNISA枠では買えません。ACNは前から欲しいと思っているのですがしかし株価が340ドル付近なので微妙に残ってしまいます。

CCIが200ドル以下なので丁度買えます。そしてかつ配当も出していて良い株な気もします。しかしやっている事業を見てなんとなくピンときません。

他にもWMやNEEを見ましたしPAXYもMMCもUNHも株価的に合わなかったりしてなかなか動けずにいます。

 

この先どこかで暴落が来ると思いますので暴落が来たときにADPかUNHが買える株価になるか見たいです。大きな下落が来てなおも買えないようでしたら諦めて別の株を買うと思います。まあたかだか44,000円程ですがこうやって色々な銘柄について調べるというのも勉強になりますね。いつまでも右肩上がりの株、どんなものがあるのでしょうか。調べてみるとおもしろいの思いますよ。

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

サイバーセキュリティ銘柄のETFが二つあって二つとも単価が安くて買いやすいと思ったのですがもっと超長期で見た時、別のものがいいかなと思い見送ってしまいました。

それでは今日もみなさまにとってより良い一日でありますように。