アメリカ株と中国株のブログ

Twitterフォローしてね:@sunnyra38541895

1月の末に買ったABTは #936

f:id:toushiblog:20210214155625j:image

先月の末に買ったアボットの株(ティッカーシンボルABT)ですが順調に株価を上げています。そしてそれは地道に少しずつ上げていておよそ85万円弱で買った株価が94万円ほどになっています。9万円の利益が出ていてすごいなと思います。ABTはもともと値上がり益を狙って買った株です。そして一般NISAで買えば自分の中で縛りができてちょっとやそっとでは売らなくなるだろうと思い、一般NISAで買ったのでした。そのまま好決算を受けてジリジリと値を上げていきました。自分のポートフォリオのコアはRPRXですがABTはとても優秀でABTをポートフォリオのコアとしても良いのではとも思います。

 

ABTは医療セクターの株でいろいろな医療品を取り扱っています。つい最近とある理由からエンシュアと呼ばれる栄養補完飲料を見たのですがそこにはしっかりとアボットラトリーズの名前が書かれていました。当たり前ですがこんな遠くの日本のこの片田舎でアボットラトリーズの名前を見るとやはりよほどアボットという企業は世界の隅々まで広がっているのだと思いました。

他にも自分が知らないだけで医療従事者の多くの方がアボットの製品に触れ、そして使用しているのだと思います。

 

もうすでに知ってみえると思いますがアボットといえばABBVとはもともと一つの企業でした。しかしそこから製薬部門、ABBVが独立しました。ABTとABBVは投資対象としての性格も全く別のものになったと思います。もともとはシーゲル博士が紹介する連続増配株としてPMやXOMに並ぶ高パフォーマンス株として取り上げてられていました。そしてABTは連続増配株としては優秀ですがむしろ株価の値上がりを狙う株となりABBVの方が連続増配株として有名な株になったのだと思います。ABBVはこれまで高い配当利回りと高い増配率で株主の期待に応えてきました。

 

ABTもABBVもどちらが優れているのかという議論を超えて両方ともに優れた株であると思います。そしてABTは株主になった私自身の期待にしっかりとここまで応えてくれていると思います。ABTは一年や二年のチャートを見るととてもなだらかで少し右肩上がりぐらいに見えますが更に長期のチャートで見るとずっと右肩上がりで株価が何倍にもなっています。今回一般NISAで買った85万円が五年後、十年後にいくらになっているのか楽しみにして待ちたいと思います。そしてまた少しずつ買い足すのもありだなと思いました。

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

ABTはずっと前から欲しいなと思っていたんですよね。これからは自分のポートフォリオの大きな存在になるように育ってくれればなと思います。

それでは今日もみなさまにとってより良い一日となりますように。