アメリカ株と中国株のブログ

Twitterフォローしてね:@sunnyra38541895

昔持っていた株は今どうなっているのだろう #1035

f:id:toushiblog:20210531181644p:image

先日のブログでかつてマイクロソフトの株を買った時、株価100ドル程で現在の株価が250ドルにもなって2.5倍になったと書きました。ということでこのブログを書き始めた2018年7月ごろに持っていた株を売らずに持ち続けたら現在どうなったのか調べてみることにしました。

まずはAmazonですが当時は1770ドルほどでしたが現在は3200ドル程です。Amazonはそれまでガンガン株価を上げてきてこの辺りで上昇が一服し当時広瀬隆雄さんが売った方が良いと言われ売ったのでした。その後株価が上昇した時は焦りましたがしかしおよそ三年たって株価二倍になってないのでしたらその当時売るという判断は正しかったのかもしれません。

 

次にNVIDIAが当時244ドルですが現在は649ドルです。NVIDIAはずっと好調のイメージがあって途中売ったり買ったりしていますがどこで買っても大きな損はしない株だったのではないでしょうか。株価は二倍以上になっていて持ち続けていても良かった株だと思います。次にBPですがこの株は配当利回りが良くてNISAで儲けさせてくれた株です。株価も儲けのある時に売ったのですが現在はコロナ後に配当は止めますしその影響で株価も大きく下がるしで思いれのあった株ですが本当に売るタイミングが良かった株だと思います。

 

こう見てみるとそれほど大きな失敗はしていないよなと思います。確かに大きな資産を築けていませんがしかし大きな失敗をすることなくここまできたように思えます。日本株を信用買いして再起不能になる可能性もありますしもっとボラティリティの高いアメリカ株に投資をしてこれまた再起不能になる可能性もあるわけです。そういった意味でも市場に居続けるということがいかに大切であるかということを考えさせられます。市場から退場させられてしまうとまた戻ってくるのに時間をロスします。そして年齢を重ねれば重ねるほどその時間ロスは致命傷になってしまうのです。

 

ということでそろそろチャレンジする回数も期間も限られてくる気がします。Microsoftを買うということは今の自分のリスク許容範囲がこれであると示しているのと動画なのです。JNJを買うということもまた同じです。

あとはどれだけ保有できるかです。なんだかいつもこんなことを言っている気がしますが本当にその通りでどうやってこの保有する期間を長くするのかそのために気をつけるべきことすべきことを考えることが大切だと思うのです。

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

次は残りの当時持っていた株が今どうなっているのか見ていきたいと思います。

それでは今日もみなさまにとってより良い一日となりますように。