アメリカ株と中国株のブログ

Twitterフォローしてね:@sunnyra38541895

グロースからバリューそして #969

f:id:toushiblog:20210320073936j:image

今週も一週間が終わりました。まだ土曜日ですが株式投資をしている方はもう終わったようなものですね。この一週間というわけではないですがここ最近は長期金利の上昇に右往左往させられる日々が続いていると思います。特にここ最近のグロース株ブームに乗っていた方は苦しかったのではないでしょうか。逆に散々グロース株、グロース株だと言われている中、配当株を買っていたり保有していた方はなんとか乗り切れたのではと思ったりもします。ちなみに自分はどちらかというと配当株半分、成長株半分ぐらいのスタンスでしたので一応乗り切れたような気もします。

ただ、グロース株からの次の波に乗り切れていたかというとそこはできていなかったなと思います。

 

グロース株が長期金利の上昇とともに大きく売られてバリュー株が買われました。自分の持っている株だとAT&TとBTIが買われたおかげで今のところ先月よりも資産が増えています。また日本株のNTT、KDDIオリックスが買われていてこれも自分の資産増に役立っていると思います。日本株保有しているこの三つの株はここ最近本当に調子が良かったと思います。ただここから株価が更に上昇するにせよまたはここから株価が下落するにせよ自分としてはずっと保有していたいと思っています。いつか配当利回りが10%を超えるまで増配してほしいなと思っていますがどうでしょうか。配当利回りが10%を超えるということは配当で10万円ということになり6月に5万円、12月に5万円入ってくることになりこれはこれで大きいです。

 

しかしここまでバリュー株であり配当株が買われてきた印象がありますが、しかしアメリカ株で自分が参考にしている人たちの話を聞いていると盛んに“成長株が買い場”だと聞きます。つまりグロース株を今仕込んでおけば後で必ず報われるというわけです。ただしそれには注意が必要でジムクレイマー氏が言うように一気に仕込むのではなく少しずつ少しずつ焦らずに仕込んでくださいというわけです。

毎月の給料の入ってくる方は今から少しずつ毎月の給料からグロース株を買って見るのも良いかもしれませんね。

 

グロース株が仕込み時だといえども当たり前ですが自分の取れるリスクに見合った株を買う必要があると思います。本当にハイパーグロース株を買う人はリスクの取れる方だと思います。オクタやクラウドストライクなどで勝負するのも良いと思います。

逆にもうそこまでリスクは取れないよという方はアップルやマイクロソフト、アマゾンで良いと思います。あるいはいっそQQQというのも良い気がします。自分はというと本当はVTIを積み立てたいと思っていますがマイクロソフトが魅力的に見えます。マイクロソフトもまた一生持ち続けることのできる株だと思います。

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

いつもいつも魅力的な株というのは出てくるものですね。というか日本株も仕込みたいですしお金がほしいものです。

それでは今日もみなさまにとってよりよい一日となりますように。