アメリカ株と中国株のブログ

Twitterフォローしてね:@sunnyra38541895

KDDIとNTTとオリックス #964

f:id:toushiblog:20210315095426j:image

KDDIが強いですね。市場最高値を更新しています。よく市場最高値更新なんて言葉を聞きますがこの言葉の何がすごいかというと、この言葉はKDDIの株を買っている人がすべからく利益を出しているという意味を現しています。そして上値の抵抗が無いため株価は上がりやすくなります。だから人はKDDIの株を買って更に株価上昇するということになります。そんなKDDIは何が優秀かというと連続増配をしていてかつ更に株主優待がかなり優秀だということです。株主優待があまり好きではない自分ですがしかしこの株価の上昇と配当の安定性を見ると本当に優良な株だなと思ってしまいます。

 

ではNTTの方はどうかというとこちらもかなり優秀ですね。現在KDDIよりも遅れをとっていて更に例の総務省のゴタゴタが続いていてそれも株価上昇の足を引っ張っているように思えます。あまりこのブログで政治の話はしたくないのですがまあどっちも悪いよなというのが個人的な意見です。そもそも疑われるようなことしていて開き直るなよと思ってしまいます。

ただ人の記憶というものはあてにならなくてどうせすぐに忘れてしまいます。つまりNTTが仮に例の政治のゴタゴタに巻き込まれて株価が伸び悩んでいるのであれば個人的にはKDDIよりも買いやすいのではと思ってしまいます。少し乱暴な言い方ですがNTTもまたKDDIとあまり変わらない株だと思うからです。

 

こう思うとKDDIとNTTが株価を大きく下げた時になぜ買わなかったのか本当に悔やまれます。まあ過ぎたことをぐちぐち言ってもしょうがないないのですが買いの好機でしたね。KDDIもNTTも配当利回りが4%を大きく上回っていました。個人的には配当株を買う時は配当利回り4%を超えていて欲しいと思っています。しかし株価の上昇とともに配当利回り4%を超える日が遠ざかっていく気がします。

おそらく配当権利の確定日を過ぎると株価は下落すると思います。しかしおそらくそれでも配当の利回りが4%に達することはないと思います。

 

日本株はあまり好きではないです。しかしこのNTTとKDDIオリックスは一生付き合っていく株になるような気がします。オリックスはもしかしたら配当を切る時が来るかもしれません。しかしそれでも放置でいいかなと思います。NTTとKDDIオリックスは自分が六十歳を過ぎてもずっとずっと持っているつもりです。ですから配当を安定的に出し続けて欲しいですね。そして自社株買いも機動的にやっていって欲しいです。

こうやっていつまでも持っていられる株に巡り会えたことに感謝ですね。

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

配当利回りが4%を超えた時に現金がなければ意味が無いわけでタイミングというのは本当に難しいものですね。

それでは今日もみなさまにとってよりよい一日となりますように。