アメリカ株と中国株のブログ

Twitterフォローしてね:@sunnyra38541895

新しいサービス、どこまで知っていますか #929

f:id:toushiblog:20210207071940j:image

今から投資を始めようとされる方へ質問です。これから挙げるティッカーシンボルはどんなサービスをしている企業か答えられますか。正解しても特に特典があるわけではないですが向学のためによければ考えてみてください。では問題です。PYPL、SNAP、PINS、CRWDです。

本当はもっともっとたくさんあります。なぜこんな問題を出すかというとアメリカでは新しいサービスがどんどん生まれているからです。そしてそれらのサービスはどんどん時代の真ん中に行こうとしています。そして何が言いたいのかというとそれらのサービスが何をしているか、どのようにアメリカに浸透しているのかを知らないとどんどんアメリカ株の流れに乗り遅れてしまうわけです。

 

ちなみに最初に挙げた四つのティッカーシンボルの企業は新しいといっても自分のようなおじさんから見て新しいと感じるだけでアメリカの若い世代の人たちからすると更に新しいサービスというものがあるのかもしれません。

PYPLは確かに昔からあるサービスですがどんどん新しいサービスを生み出しています。アメリカではVenmoというPYPLが所有するサービスを使って個人間でお金のやり取りをしているようです。そしてそのVenmoは仮想通貨のやり取りもできるようになるとのこと。もしかしたら東京ではVenmoというサービスは当たり前に使われているのでしょうか。PYPLはフィンテックの企業で株価はどんどん右肩上がりに上がっています。そしてPYPLは決済を分割で支払うサービスも始めるとのこと。また新たに自分の知らないサービスが始まります。

 

SNAPはスナップチャット、PINSはピンタレストですがこれらのサービスは特に知らなかったというわけではありません。寧ろ少し古いぐらいなのかも、なんて思ったりもします。そしてそれらのサービスを知った当時は株価も大したことことなくて個人的にはクソな株だと思っていました。しかしここ最近の株価の上昇は凄いですよね。スナップチャットもピンタレストもデジタル広告で利益を上げる企業ですが売り上げは好調です。ということは人々はこれらのサービスをどんどん使用しているということになります。TwitterFacebook、もしかしたらYouTubeさえもいつかはオワコン化するのかもしれません。それにしてもスナップチャットやピンタレストが使われているとか自分には信じられないを通り越して受け入れられないと思ってしまうのですがしかし事実は違うわけですね。

 

最後にCRWDは自分も稼がせていただきましたクラウドストライクです。クラウドストライクがどんなサービスを提供しているのか説明ができますか。なかなか難しいですよね。しかしこのCRWDもこの先アメリカのインターネットセキュリティの最先端を走る企業になるわけです。そしてこのセキュリティ企業は人々にどんどん使われていって株価の伸ばしていくわけです。

つまり何が言いたいかというとアメリカでどんなサービスが流行っているのかアメリカ株で投資をする時は知る必要があるというわけです。そして決算が良くてチャートが右肩上がりであれば買うわけです。もちろん自分の取れるリスクの範囲で買うことが大切です。アメリカでは知らないところでどんどんサービスが生まれています。情報を集める時に意識してみてはどうでしょうか。

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

いやあ記事にも書いたのですがスナップチャットやピンタレストが好調だとか自分からしたら本当に信じられません。しかし世の中変わるものですね。

それでは今日もみなさまにとってより良い一日となりますように。