アメリカ株と中国株のブログ

Twitterフォローしてね:@sunnyra38541895

KDDIから封筒が届きました #868

f:id:toushiblog:20201205165848j:image

KDDIから封筒が届きました。内容は配当金の振り込みのお知らせ、そして株主向けの事業説明、最後に隠れ優待なんて呼ばれるクーポンなどでした。自分は株式投資を始めたのがオリンピックが日本に決まった頃で確か2015年頃、日本株からスタートしています。その頃は長期投資だとかいう概念もなかったのでなんとなく買って、なんとなく売った時に利益が出てればラッキーぐらいの軽いつまりで買っていました。ただこういうのってやってみなくてはわからない、というのと日本人はリスクを取らなさすぎてそれがかえってリスクである、リスクを全く取らないのではなくて適切にリスクを取るということが大切である、ということを学んで株式投資に臨んでいました。その話をした方はインデックスのドルコスト平均法を勧めてみえて、本当はそれが正解だったのですがなぜかしら自分は個別株投資をするようになったのでした。

 

それはそれとして最初に日本株投資を何も考えずにやっていた頃確か買ったのがコロプラだったり三菱自動車だったりでした。世の中ソシャゲ祭りでものすごく盛り上がっていた時ですね。実はあの時何も考えずにガンホーの二匹目のドジョウ狙いでミクシィを買おうかどうか迷っていた記憶があります。けれど自分は少し躊躇ってしまって結局買わずにミクシィの高騰を横目にソシャゲブームは過ぎ去っていったのでした。

あの時コロプラを買ったのは少しソシャゲブームが過ぎそうな時に買っていてかつコロプラ自体が時価総額が大きな会社だったので大きな祭りにはならず特に良い思い出もなく遠い過去のものになったわけです。

 

前段がとても長くなってしまいましたが日本株を買って株主向けに封筒が届いたのはその時のコロプラ以来です。たしかコロプラも配当金の知らせの封筒だったと思います。KDDIの封筒を見てそんな昔のことを思いだしたわけです。

ただ昔と今と違うのは昔は良くも悪くも勢いでものを考えて勢いで株を買っていました。けれど今は昔とは違います。KDDIの封筒はおそらくこの先も見ることが増えると思います。二つ、三つと封筒が増えていきます。長期投資をするということを覚えたからです。

 

KDDIやNTTは例の基本料金引き下げ問題によって買い増ししづらくなってしまいましたがしかし、もちろん売る気など全くないです。そしてこの基本料金の問題がひと段落したら買い増しも考えたいと思う株です。例え世の中がグロース株だ、グロース株だ、と言おうともです。それほどこの日本株の通信株を自分は信じていますしこの先も配当金を自分の財布に入れてくれて、そしてその額を増やしてくれると思っています。

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

と、ここまで書いたのですがなかなか買いたくても他に買いたい株があって優先順位が下がってしまいます。グロース株もそうですが早い段階で仕込むというのは高配当株、増配株についても同じなのです。悩ましい日々が続きます。

それでは今日もみなさまにとってより良い一日となりすましように。