アメリカ株と中国株のブログ

Twitterフォローしてね:@sunnyra38541895

AT&Tより配当金をもらいました #842

f:id:toushiblog:20201108140430p:image
少し前になりますがAT&Tより配当金をいただきました。今自分はAT&Tの株を695枚保有しています。一株あたり0.52ドルの配当です。0.52×695で361.4ドル、そこから税金を諸々引かれて手元に残ったのが259.7ドルでした。およそ3割弱を税金で引かれることになります。税務署に行って何か手続きするとアメリカで引かれた税金が戻ってくるようですが自分は全く行っていないです。お金が戻ってくるといってもたいした額ではないと思うのであまり積極的に行きたいとは思わないのですがただ向学のためになんとなく行きたいという気持ちもあってなんともいえませんね。もしかしたら行くかも程度です。

 

しかしAT&Tはなんというかしぶといですね。負債も大きくて企業として苦しいのではないかという声が上がっていました。ましてやこのコロナ禍で負債の額が大きいというのは危険でしかありません。しかし決算で良い数字を叩き出しました。通信会社としてのストックビジネスここにありというやつですね。配当性向も50%のようです。増配についてはまだどうなるのかわかりませんが配当性向が50%であるならば増配が仮に少ないもしくは無かったとしても配当の維持することには問題無いと思います。ジムクレイマー氏はここから買うのではなくて次の決算まで待ってみようではないかと話しています。自分も次の決算で良い数字を出したら追加で買おうかなと思います。

 

現在およそ1ドルが103.5円だとすると259.7ドルというのはおよそ26500円ぐらいになります。三ヶ月に一回26500円が入ってくるというのはやはり大きいですね。年間にすると10万円強です。現在AT&Tの株価は下落していて自分の持っている株は評価損になっています。しかし年間10万円ずつ入ってくるのであれば数年で元が取れます。まさに高配当株の強みです。確かにアメリカ株の平均的な指数よりもパフォーマンスはかなり悪いかもしれませんがしかし先日のブログ記事にも書きましたように長く持つことができます。

 

今自分の持っている高配当株の柱であることは間違いないです。そしてもう一つの柱がBTIです。個人的にはもう一つ柱を作りたくてそれがABBVかもしくはNTTかどちらかにしようと考えています。おそらくABBVになりそうな気がします。成長株オンリーで投資するとそれはそれで危険ですし精神的にもキツいです。しかし高配当株は安心して待ち続けることができます。ということでこれからもバランス良く成長株、配当株両方持って少しずつお金持ちになりたいなと思っています。