アメリカ株と中国株のブログ

Twitterフォローしてね:@sunnyra38541895

アッヴィの決算内容が良かったです #843

f:id:toushiblog:20201109162049j:image

先日、朝起きてニュースを見るとどうやら大統領はバイデン氏に決まったようでした。まだトランプ氏が負けを認めたわけではないのでこの先結果がどう転ぶのかわからない部分もありますがおそらく決まりだと思います。

ではアメリカ株はどうなるかというと一旦売られるという考えをちらほらと見られます。まあおそらくそれはそうで今まで上がってきたので利益の確定売りがあってもおかしくないと思います。しかし引き続き11月、12月、1月はアメリカ株が高いということに変わりがないので個人的にはこのままホールドで行きたいです。そして決算が良かった株というのは外の要因に振り回されることなくしっかり持つことができると思います。

 

決算が良かったといえば自分の持っているアッヴィが決算発表をしました。かなり良い決算だったようです。そして配当を10%以上増やしてきました。とても良いですね。こういった配当増やしてくれる株をずっと持ち続けることができると配当利回りが10%を超えるなんてことは簡単に起きるわけです。これが連続増配株投資の良いところと言えます。ちなみに今のアッヴィの株価ですとアメリカの税金を引いても配当利回りが5%程あります。日本の配当利回り5%の株を買うよりも余程アッヴィを買った方が良いと個人的には思います。アッヴィは一年後また更に増配してくると思います。その時10%を超える増配でなくても5%程の増配でも十分に投資する価値のある株だと思います。

 

バイデン氏が勝つことによって医療改革が行われて医薬品企業にとって良くないことが起こるとして医薬品セクターの株価が下がった時、個人的にはこれらの株は買い時だと思います。なぜならおそらくバイデン氏には医療改革なんてできないからだと思うからです。バイデン氏はギリギリの接戦で勝ちました。ということは大統領としての力はおそらく弱いです。そしてアメリカの議会も上院と下院で捻れています。薬価の価格を下げるだとかそういう政策は言葉では言っていても実行するのはとても困難だと思うからです。

医療品セクターはただでさえ割安で放置されています。しかし更にそこから株価が下がるととても良い買い場となるのではないでしょうか。

 

もう一つよく言われているのがクリーンエネルギーです。トランプ氏はシェール企業に対して投資をしてどんどん石油を掘らせました。そしてアメリカは石油生産大国となったのです。おそらくバイデン氏は石油を嫌いますので石油に対する投資などしないと思います。では石油株は逆風なのでしょうか。個人的にはあまりそうとも思えません。おそらく石油の採掘が減れば石油企業にとっては追い風になると思います。なぜなら石油価格が上がるからです。この辺りは定かではないですがシェブロンを買うとか良いかもしれません。ただこれも個人的には石油はこの先苦しいと思いますので確かに環境は前より良くなるかもしれませんが積極的に買いたいと思えない株です。買うならやはりアッヴィです。

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

今のところ自分はフルインベスメントで動かずに静観です。ただ入ってきた配当を即座に使うのではなく少しそのままにしていようと思います。12月は日本株の配当も入ってきますが一旦そのままです。そして毎月の給料からの投資分と来月に入ってくる賞与はそのままにしておこうと思っています。

それでは今日もみなさまにとってより良い一日となりますように。