アメリカ株と中国株のブログ

Twitterフォローしてね:@sunnyra38541895

ハイテク株の優位は変わらないが #814

f:id:toushiblog:20201011144530j:image

先日のブログで軸足はあくまでハイテク株であると書きました。その思いは今でも変わりません。少なくともクラウドストライクは決算までは持っていますしおそらく決算は良い決算を出してくれると思いますのでそのまま持ち続けて決算を跨ぎたいなと思っています。決算が悪ければそこから売ればよいと思うのです。

そしてそのハイテク株を軸足として補完的にそろそろハイテク株以外の株を買ってみようと思うようになりました。それはレストランであったりリテールであったりしたわけです。しかし個人的にレストランやリテールはあまり買ったことがないので本音を言うと積極的に買おうという気がなかなか起きません。

 

そこでハイテク株の補完的な銘柄として高配当株で良さそうなのはないだろうかと考えました。高配当株はハイテク株が駄目なの時でもキャッシュを運んできてくれます(もちろん銘柄選定が大切です)。高配当株でしたらもう既に持っているBTIやAT&TやABBVが良いかなと思います。つまりこれらの株を買い増しするわけです。BTIはアメリカでの税金がかからないのでとても良いと思います。AT&Tは少しリスクがある気がするので気をつけてたいところです。ABBVは少し配当利回りが他の株に比べて物足りないかもしれません。しかし増配力が高く何年ももちつづけるのに最適な銘柄ともいえます。メディカルセクターはABBVが一番強い気がします。

 

日本の通信株は今は少し買うのが躊躇われますが長い目でみると投資対象として良い銘柄だと思います。まだまだ増配してくれるのではないでしょうか。あとは日本株のリース株をも狙い目です。まずは有名な高配当株を買っていって分散投資する観点から買うのもありだと思います。

そうやって少しずつ少しずつ分散を効かせながら買っていくわけです。そうすれば配当が滞るリスクを分散できますし何より夢の毎月配当なんてのも実現出来るかもしれません。

 

自分のこれからの投資のスタイルを少し確認しましたが石油株は少し見送りたいなと思います。確かに配当は魅力的ですが何か危険な感じがします。ロイヤルダッチシェルのように配当を止める銘柄がこの先出てくるかもしれません。もし買うとしたらシェブロンかなと思いますがまだまだ少し先になると思います。それだったら石油株ではないですがやっぱりBTIを買いたいなと思ってしまいます。昔はBPに投資をしていて思い出深いですがBPは少し投資できないですね。

ただ分散投資も大切ですが分散のしすぎはなんだか鬱陶しくなってしまうのでほどほどの分散で株を買いたいと思います。

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

まあハイテク優位の時代というのはしばらく続くとは思います。がしかし紆余曲折は存在すると思いますしそのいわばギクシャクがそろそろ現れるような気がするのです。

それでは今日もみなさまにとってより良い一日となりますように。