アメリカ株と中国株のブログ

Twitterフォローしてね:@sunnyra38541895

新型コロナが与える不景気のスパイラル #811

f:id:toushiblog:20201008084856j:image

新型コロナが与える経済への悪影響は本当に大きいなと思いました。今回の新型コロナが始まる前から消費増税の影響によって大手の企業が希望退職を募っていましたが今回の新型コロナによって続々と希望退職者を募っています。自分自身は学生の頃から勉強ができる側の人間ではなかったので大きな企業に就職しているわけではありません。地元の本当に小さなところで働いています。そんの自分は希望退職というのは少し割高の退職金がもらえて円満に退職ができるものだと思っていました。だからお互いwin winでいいこと尽くめのようになんとなく思っていました。

 

でも実際はそんなことはないんですね。こんな不景気で退職すると確実に働く側が不利になります。世の中不景気だから希望退職を募るわけでそんな不景気の世の中で人を雇おうなんて企業がするわけがないわけです。ですからどうしても元いた職場よりもレベルを落として職場を探さなければいけません。そうやって給料を減らしていくということは結局それが不景気を加速させるので回り回って更に次の希望退職を生むということになるのだと思います。まさに不景気のスパイラルですね。逆に不景気スパイラルに落ち込んでいない側の人は自分は落ち込むまいとしようとするのでスパイラルに落ち込んでしまった人はより脱出が厳しくなります。

そして希望退職を募った企業というのはやんわりと辞めてほしいと思っているわけですから無言の圧力のようなものを感じながら働くということになるのだと思います。これは結構しんどいですよね。

 

そして自分がたまたま目にした大きな航空企業は賞与をカットしていました。これもまた厳しいですね。その大きな航空企業の出す賞与はおそらく少なくない賞与だと思います。その賞与をカットするわけですから当然そこに勤めている人たちの支出は抑えられますしなによりもそういったニュースを目にすると自分の賞与を大事にしようという心理になってしまうと思います。賞与カットのニュースを見て自分の賞与はどんどん使ってもいいと考える人はそれはそれで危険な気がします。

つまり不景気のニュースは次の不景気を呼んでどんどん加速させていくのだと思います。

 

投資について少し考えるとこういった不景気時に小さな店はどうしても商売をする体力を削られていきます。ではどんな店が残るかというと大きな店なんですよね。ということで実は大きな店、全国展開している小売りや飲食店にはある意味ではチャンスなのではないかと思うのです。ということでアメリカ株ではマクドナルドが最高値を更新していますし日本もアメリカもリテール株が強いです。ホームデポ、ロウズ、日本だとドンキをやっているパンパシフィックやニトリ、ワークマンなどです。つまり大きな店舗は小さな店舗が潰れるから逆にチャンスでもあるわけです。なんとも皮肉ですよね。

今日もブログを読んでいただきましてありがとうございます。

小さな店舗潰れるから大きな店舗が実は有利に働くというのは自分のなかでここ最近知った視点でした。なるほどなと思ったのでした。

それでは今日もみなさまにとってより良い一日となりますように。