アメリカ株と中国株のブログ

Twitterフォローしてね:@sunnyra38541895

連続増配の株を買う時気をつけること #773

f:id:toushiblog:20200831114251j:image

安倍さんが首相を辞められます。その辞められること自体に特に思うことはないです。ご病気のようなのでゆっくり身体を休めて欲しいなというだけです。経済的には円安誘導が良かったのかなと思いました。昔は1ドル100円を大きく下回っていましたからね。

そんな安倍さんですが辞められることを発表されてから株価は大きく下がりました。この下げによって日本株を持っていた方は大きく損をしたのではないでしょうか。ちなみに自分は日本株は少しだけだったのでダメージは軽微で済みました。エニグモをとっとと売っておいて正解でした。ただ株価の下げというよりも円高の進行の方がダメージがあった気がします。まあそれもそのうち戻ると思うのですが。

 

それはそれとして株価が下げたことによって欲しい株も株価を下げていました。自分は現金を持っていなくて買えなかったのですがこういう時にキャッシュポジションを高めている方は買えるのだと思いました。自分の好きな株だとKDDIやNTTが株価を落としていてKDDIは3200円を割った時やNTTは2500円を割るとお得だよなと思ったりします。KDDIが3200円を割ると配当利回りが3.7%を超えてきますしNTTは利回りが4%を超えてきます。個人的にはこの二つの連続増配銘柄が配当利回り4%を超えてくるとそれは高配当株になると思います。

 

密かに狙っていた株があってそれはみずほリースでした。しかし株価はそれほど大きく下がることもなく現金も持っていないので買うのをやめました。一瞬アメリカ株を売ろうか迷いましたがまあそこまでする必要もないかと思い至りそのままです。

日本のリース会社は投資先として優秀なところが多いです。連続増配していてかつ配当性向も低いです。ですから投資をしておいてほったらかしておき配当が増えていくのを楽しみにするという投資スタイルが良い気がします。みずほリースは株主優待でクオカードが付いてきます。もしくは三菱リースも優秀で、三菱リースは連続増配していてかつ配当利回りが5%あるので投資先として優秀だと思います。

 

連続増配をしている株を買うとしても最初の配当利回りが低すぎるとよくありません。連続増配を続けた結果、高利回りになってもその時老人になっていたら意味がないとは言いませんがそれってどうなのかと疑問を感じてしまいます。そうではなくてある程度高い配当でかつ連続増配な株を買いたいものです。そういった意味でもKDDIやNTTはもう少し高い配当利回りになったら買いたいなって思います。

アメリカ株だとAT&TやABBVが高配当かつ連続増配株として有名ですよね。

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

今回のちょっとした下げでもやっぱり通信株は強いなと思いました。買いのタイミングを逃したかもしれませんね。

それでは今日もみなさまにとってより良い一日となりますように。