アメリカ株と中国株のブログ

Twitterフォローしてね:@sunnyra38541895

ブリティッシュアメリカンタバコより配当をもらいました #770

f:id:toushiblog:20200828074959j:image

BTIより配当を受け取りました。BTIとはブリティッシュアメリカンタバコという株のティッカーシンボルです。ここ最近影の薄いたばこ株です。たばこ株は僕がアメリカ株を買い始めた頃とても好きでよく買っていました。自分のポートフォリオの中でも一番長い保有銘柄になると思います。買った時は配当利回りが8%を越えていてこれは流石に見逃せないと思い買ったのでした。BTIは自分のブログにも何度か書いています。この株はADRであってアメリカでの配当にかかる税金がかかりません。ということでそのまま8%を越える利回りを得ることができます。

 

ただし注意が必要なのはもちろん日本でも配当にかかる税金を取られるので完全に無税というわけではないのです。それでもアメリカで税金がかからないということはほとんど日本の株と変わらないということになります。そして日本株の中で配当利回りが8%を越える株となるとそれはもうボロ株でしかなくとんでもないリスクを取るということになります。

しかしブリティッシュアメリカンタバコはたばこ企業としてはとても大きくそしてキャッシュリッチな企業です。配当性向もとんでもなく高いというわけでもないのでまだまだ安定して配当を出す余地が残っています。もちろんたばこ株というわけですから全くリスクが無いといえば嘘になりますがしかしリスクに見合ったリターンをしっかり株主に与えてくれます。

 

さらにNISA枠を使用して購入すれば日本での税金も免除されるので高配当をそのまま享受することができます。今現在も配当利回りが8%近くあるために投資のチャンスと考えて良いと思います。

ただ僕個人としては興味の対象がAppleに向かっているので本当はBTIをもっともっと買いたいのですが買うことができない状態です。やはり当たり前ですがお金には限界あるので全てを買うということはできませんね。

 

自分は今回の新型コロナの影響でBTIの株価が下落した時に買い増しをしました。NISA枠ではないですが利回りがかなり美味しいと思ったからです。株数が330株になりました。一株あたりおよそ0.688ドルの配当をもらいました。NISA枠でない分が日本の税を引かれて合計で218.81ドルです。およそ23,000円程になります。年間にすると10万円弱の配当を得ることになります。ちなみにAT&Tもおよそ年間で10万円弱の配当になります。そして日本株のNTT、KDDIオリックスからも配当をもらうと合計で24万円ぐらいになる予定です。これは普通に働いて一ヶ月分の手取りになりますしちょっとしたアルバイトだと二ヶ月分の手取りになります。それが何もしないで手に入るわけですから配当収入には感謝です。

貯まった配当でAppleの株を一株買いました。本当は配当株に再投資するのが良かったのでしょうがまあ配当は再投資に回したりはたまた自分の好きなことに使えばそれで良いと思っています。

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

Apple株への投資も一服したのでまた配当株に投資をしたいなと思っています。そしてまずはBTIに投資をしたいと考えています。

それでは今日もみなさまにとってより良い一日となりますように。