アメリカ株と中国株のブログ

Twitterフォローしてね:@sunnyra38541895

久々にやらかした、そして次に買う株 #751

f:id:toushiblog:20200809072913j:image

自分の投資は決して上手くいっているとは思えずまあそれでも楽しいのでコツコツと続けています。今回は久々にやらかしたという記事です。そうなんですHMYを売りました。さすがに損失に耐えきれず損切りをしたわけです。損はおよそ30万円です。この先も損が膨らみそうだと感じました。自分は損切りが早い方だと思うのですが金をポートフォリオの中に入れなければいけないという考えに固執したばっかりに上手くいかない投資をしてしまいました。

これだけのまとまった損は久々です。AppleNVIDIAが利益を出していてくれてHMYの損と合わせて利益がプラスマイナスゼロになっていたので決断しました。

 

ジムクレイマーの教えにあります。損失の出ている株を先に切って利益の出ている株を増やしなさい、そんな言葉があります。ジムクレイマーの言葉を聞く前自分もなんとなく薄々気が付いていました。本当はもう少し早く損が出ている時点で切るべきだったのです。

そしてこのジムクレイマーの言葉を借りるなら次に投資をする先はApple、もしくはNVIDIAになります。僕もその考えには異論が無いです。HMYを売ったお金が180万弱になるのでそのお金でAAPLを買えばおよそ300万円を超えた額になります。つまりAAPLでこの先少し勝負するということになりそうです。

 

以前MasterCardの株を買ってしばらく持っていました。MasterCardも今はあまり株価の上昇が見られませんが当時は順調に株価を伸ばしていました。MasterCardは何が良かったかというとまずそもそもがキャッシュリッチな銘柄でした。キャッシュリッチだとどんな良いことがあるかというと当然倒産のリスクは少ないですしそしてその豊富な現金を株主に還元することができます。自社株をどんどん買うことによって株価を維持していくのです。

 

MasterCardでももちろん良いのです。MasterCardは今や株価の勢いがあって新高値の更新をうかがっています。しかし今自分が持っている株はAppleですしAppleもまたMasterCardに負けず劣らずの株主還元に対して意欲的な株です。株主利益の伸びをGAFAで比べても大きな差がついていたと思います。Appleもまた現金を豊富に持っていてそしてその豊富な現金を株主に振り向けているのです。

ここ最近Appleの株価は急上昇しています。もしかしたらこの先一旦調整かそれとも上がりもせず下がりもしない株価になるかもしれません。しかしそれでも追加で投資をしたいと思います。そして長期保有をしたいと思っています。

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

Appleに一つ懸念点があるとしたら時価総額が大きすぎるところでしょうか。時価総額が大きすぎると普通はそこから先の株価上昇は考えにくいものです。しかしAppleならじわじわでも株価が伸びてくれると信じて投資をしようと思います。

それでは今日もみなさまにとってより良い一日となりますように。