アメリカ株と中国株のブログ

Twitterフォローしてね:@sunnyra38541895

二番目の波は来るのだろうか #752

f:id:toushiblog:20200810093731j:image

日本に新型コロナの第二波はやってくるのでしょうか。その問いが少し前にありました。当然といえば当然です。そして今の新型コロナの感染状況を見れば第二波が来ているのは火を見るより明らかです。しかし投資をしている人間が思うのは日本の株式市場では第一波は来ていたが第二の波はまだ来ていないように思えます。経済政策について学者でもなんでもない自分が言うのも違うかもしれませんがなんだか中途半端な気がします。そして企業決算はボロボロでした。そしてその企業決算の波は次第に労働市場にも覆ってくると思います。それなのに、そんな予想がつくのに日本の株式市場は大きな崩れが来ていないのです。

 

ちなみに僕はこの日本の株式市場に第二の波が来て欲しいとかどうとか言っているわけではないです。単に来てないから不思議だと思うわけです。

ただそれは少し理解ができてやはり日本の政府は健康と経済の二択を迫られた時に経済を取っているからだと思います。その選択に僕は理解ができます。なぜなら新型コロナも人を殺しますがそれと同じように経済の行き詰まりもまた人を殺すからです。

しかしこの政府の健康よりも経済を取るという選択肢が少しずつ難しくなってきている気がします。つまり新型コロナの感染が日に日に拡大していくからです。そしてその拡大した新型コロナウィルスは必死に守ろうとした経済さえも蝕んでいくのだと思うのです。

 

ということでもしかしたらこのまま来ないかもしれないと思っていた日本の株式市場の第二の波はもしかしたら来るのではないかと思うのです。今回企業決算がボロボロだったのですがおそらく次の企業決算もボロボロになる気がします。それは新型コロナウィルスの二度目の感染拡大による影響だと思います。この二度目の感染拡大が大きくなっていってどこかで株式市場は先回りして落ちていくように思うのです。

 

とまあ、これは単なる憶測というか推論なわけですがもし仮に大きく日本の株式市場が崩れた時、日本の株を自分が買うかどうかというとまあ買わないと思いますね。やっぱり日本の株式市場って難易度が高いと思うからです。なぜ難しいかと思うと日本の株式市場は方向感が分かりにくいですしあとは単元が大きいというのもあります。日本株を投資するときは安くて方向感が見えるような株しか買う気にはなりません。

逆にアメリカ株はわかりやすくて基本的に右肩上がりです。そして単元額が小さいので細かく買ったり売ったりできます。細かい調整が効くのです。

買うとしたらいつもこの記事で書いていますが日本の通信株になるのではないでしょうか。

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

暑い日が続いていて休みの日のウォーキングを今は一時中断しています。いやあ暑い。

それでは今日もみなさまにとってより良い一日となりますように。