アメリカ株と中国株のブログ

Twitterフォローしてね:@sunnyra38541895

順張りと逆張りのあいだ #660

f:id:toushiblog:20200510074228j:image

自分の総資産は相変わらず年初からほとんど変わらずのラインを行ったり来たりしています。先日持っている株のほとんどが上がった中、唯一下がっていたABBVを10株買いました。ABBVは増配率も良い感じですし超長期で見れば株価は右肩上がりです。連続増配も長期でしているので安定した配当も見込めます。配当性向もむちゃくちゃ高いというほどではないです。ということで投資先としては自分は気に入っています。この先も少しずつでも良いので買い増していこうと思っています。どうしてもAT&TやBTIの方が配当利回りが高くてそちらばかりに投資が偏ってしまいがちですがそこは抑えながら分散投資を心がけたいものです。

 

先日アメリカの失業率が発表になりました。14%以上という物凄い数字でした。そんな中発表された数字が予想よりも良かったということで株価は上昇しました。自分の株も大きく上がってくれてまた年初の数字に戻った感じです。相変わらずAT&Tが足を引っ張っていますがしかしそれと同じぐらい値上がりしているのがディズニー(DIS)です。決算が悪くて更に配当も切るようなことが判明して売ろうかどうしようか迷っていたらスルスルと株価が上昇していきました。途中で101ドル付近で買った株も利益が出ていることになります。ここからディズニーパークの再開と動画配信サービスの伸びで更に大きく株価が戻ってくれると嬉しいです。

 

アメリカ株を買う時二つの選択肢があると思います。一つはこのコロナ禍の中でも伸び続ける株を買うという選択、そしてもう一つはこのコロナ禍のなかでまだまだ株価が戻りきらない株を買うことです。

自分は以前から順張り派であると書いていますがしかしこの新型コロナの影響で下がったけれどまだ戻らない株を逆張りで買っても良い気がします。ただしその時は注意が必要でそれはあまり尖った逆張りをしないということが大切だと思います。マイルドな逆張りです。

そういった意味でディズニーはマイルドと尖った、との間のような逆張りのような気がします。

 

個人的に航空株は買うべきではないと思いますし、石油株を買うのであれば変なレバレッジをかけるのではなくて大人しく石油メジャーの株を買うぐらいが良いと思います。

自分の変な相場感で尖った株を買って大きく資産を溶かすことのないように慎重いきたいものです。こういう時だからこそおそるおそる、けれども少しずつ利益を取っていくような姿勢が大切だと思います。自分はまだ年初と変わらない数字ですが焦ってもいないです。ぼちぼち行きます。少しずつ少しずつ行きたいですね。

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

VISAやMasterCardも戻ってきていますよね。この辺りを買うのがマイルドな逆張りといえるかも知れません。まあ優良な株なので保守的といえば保守的なのですが。

それでは今日もみなさまにとってより良い一日となりますように。