アメリカ株と中国株のブログ

Twitterフォローしてね:@sunnyra38541895

車の価格が安くなる世界 #574

f:id:toushiblog:20200214131651j:image

先日、日本電産の偉い方が「将来車の価格が5分の1になる」と話されていました(僕なりに要約しています)。300万の車は60万になるということです。僕はその見立てが正しいような気がします。5分の1という数字が正しいかどうかは置いておいて車の価格は劇的に安くなるはずです。そして走行してもガソリン代がかかりません。必要な費用は電気代です。

こうなってくると車両保険に入る必要もあるのかと思ってしまいます。もちろん事故を起こした時に相手の車を直す費用や相手の乗っている人の医療費も必要ですから保険が全く必要無いとは言いませんがしかしその役目は小さくなっていく気がします。

 

車の価格が安くなる理由は部品が少なくなるというのもあると思いますしエンジンがモーターになるというのもあると思います。

そうなってくると車を組み立ている人達の仕事が奪われて失業率が上がっていくような気がします。もしくは大幅に給料が安くなる、なんてこともあるかもしれません。

もし世界の車の値段が5分の1になっているのに日本の車は雇用を守るためだとか賃金を守るためだとかいって車の価格をそのままにしていると今度は日本の車が売れなくなってしまいます。車が売れなければ当たり前ですが給料が出せなくなりやはり失業者を生むことになるのだと思います。

 

テスラの車には高性能なCPUを積んでいるそうです。この高性能なCPUは何をどこまでやってくれるのでしょうか。例えば前方の車との車間距離を常に一定に保ちながら走行するということがいつか可能になるのでしょうか。テスラ同士なら可能となれば高速道路で先頭が走って後ろが運転することなくついていくということも可能性としてありそうです。

他にも例えばファーストフード店のドライブスルーで車が止まると上からのセンサーで支払いが終わっている、なんてことも可能になるのではないでしょうか。そうなってくると当たり前ですがそこでの店員さんは要らなくなります。

 

車のカタチはこの先大きく変わりそうな気がします。他にも車の定額サービスなんてのがあります。これって車の価格が安くなれば全くあっても不思議ではなくなります。

タクシーの定額サービスなんてのが存在するといよいよ車を買う理由がなくなってきます。運転もタクシーが行なってくれます。運転をしなくても良いわけです。そうなってくると車の中で何か好きなことができるので可処分時間も大幅に増えます。

車、というよりも人間の移動というものがこれからの世の中で劇的に変わる未来がすぐにやってくるのかもしれません。僕は早く来て欲しいです。

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

乗り物が全て無料になる世界ってやってくるのですかね。僕はいつかやって来て欲しいと思います。

それでは今日もみなさまにとってより良い一日となりますように。