アメリカ株と中国株のブログ

Twitterフォローしてね:@sunnyra38541895

Appleは製造業か #543

f:id:toushiblog:20200114105919p:image

先日自分の中で製造業の株を買うという選択肢は無いと書きました。その気持ちは今も同じです。しかし僕は以前Appleの株を買っています。利益を出すことができなかったのだけれどApple株は果たして製造業なのでしょうか。一見するとモノを作っている企業のように見えます。そしてここ最近はiPhoneもそうですがAirPodsが好調だったりAppleWatchが売れたりとウェアラブルの商品を作りそして売り上げを伸ばしています。

そしてそれらの製品案の定真似されています。今はAppleの強いブランドイメージがあってAppleの優位性は保たれています。しかしこの優位性もいつまでも安泰ではありません。

 

しかし僕が以前Appleの株を買ったのはAppleの製品が素晴らしいと思ったというのももちろんありますがこの先Appleがサービスを売る企業になると思ったからです。Appleの株は一昨年の年中頃に買ったのですがもうその頃からAppleは健康ケア方面に行くのではないかという思いと何か定額制サービスの方に舵を切るのではないかという思いがありました。

そして後出しになってしまいますが現にAppleはどんどんサービス業の売り上げを伸ばしていっています。

 

いわゆるAppleはサブスク銘柄になろうとしている企業なのです。そして株価の伸びる銘柄というのはサブスク銘柄ではなくて“サブスク銘柄になろうとしている銘柄”なのです。つまりAppleの株はとても伸びやすい状況にあるのだと思います。

サブスクは定額サービスを提供して一定の売上を計算することがしやすくなります。そしてこういった定額サービスは一度加入するとなかなか解約されにくいといえます。というか入っていることすら忘れて放置されることも多いと思います。

 

Apple株は製造業のままでいるといつか真似されまう(というか既に真似されているものが多いと思います)。だから定額サービスでも収益化を図り、しかし他方で5G銘柄としても買われている。だからあんなにも時価総額が世界最大の大きい企業であっても更に株が買われていくのだと思います。

僕も今どんな株を買うのかと聞かれるとApple株が良いのではないかという気がします。配当もちゃんと増配しつづけてくれますしそして自社株買いもちゃんとしてくれます。株主還元をちゃんとしてくれる企業なのです。そしてバフェット銘柄でもあります。バフェットが売ってから売っても遅くないと思います。

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

それにしてもアメリカ株が好調ですね。このままずっと値上がり続けて欲しいですけど、どこかで調整入るんだろうな。

それでは今日もみなさまにとってよりよい一日となりますように。