アメリカ株と中国株のブログ

Twitterフォローしてね:@sunnyra38541895

BTIから配当をもらいました その2 #491

f:id:toushiblog:20191123065009j:image

再びBTIから配当をもらいました。最近配当の管理をするようになったので過去にもらった配当をせっせと記録しています。BTI株を僕は273株持っています。今回一株あたり0.652137ドルもらいましたので176.68ドルとなりました。NISAで買っているのでそのまま手元に残ります。約2万円弱になります。前回は0.61ドル程でしたのでこの差は大きいです。そしてけっこうぶれがあるんだなと思いました。

しかしぶれがあるにしても買った時の平均単価31.73ドルですので利回りが7.5%〜8%ということになります。これはかなり良い投資になったと思います。

 

そしてここ最近たばこ株に対する風当たりが弱くなってきたのか一時の株価低迷期から少しずつですけど回復してきています。やはりあの時の株価は売られすぎだったのでしょうか。しかしこうなって来ると追加投資をどうしようか悩みます。今のところギリギリ配当利回りが7%あると思いますので配当利回りの高さから追加投資候補にもちろん入ってきます。

疑問点があるとすればちゃんと増配してくれるのかというところです。正確に言うと仮にポンドで増配したとしてもドルで受け取った時に増配の恩恵を受けられなければ意味がありません。

 

つまり何が言いたいかと言うとこのブリティッシュアメリカンタバコという銘柄は常にイギリスのBrexit問題によって手にする利益が変わってくるとい銘柄だということです。場合によってはイギリスではちゃんと増配してくれているのにドルで手にすると前回よりももらっている配当が目に見えて少ないということもあり得るわけです。

ただし僕はBTIを買ってまだ一年程しか経っていないですしこの先どうなるのかわからないです。こういった心配も全くの杞憂に終わる可能性もあります。

 

しかし僕が買った時は利回りが8%近くあったので本当に幸運だったと思います。そして今でも7%程の配当利回りがあります。8%よりは当然見劣りしますがしかし7%でもかなり大きな数字です。そして大切なのはADRで買えるということです。つまりアメリカでの税金はかからないということです。日本株で買うのと同じということになり、果たして日本株に果たして利回りが7%あってブリティッシュアメリカンタバコのような超強力な企業があるのかということです。

そう思うともし仮に増配の恩恵を充分に受けられなかったとしても更に追加で投資する動機に充分なら得るのだと思います。

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

今のところ多くて2万円弱配当が貰えます。これが毎回安定して2万円の配当が貰えるようにしたいものです。やはり追加投資するということになるのでしょうか。

それでは今日もみなさまにとってより良い一日になりますように。