アメリカ株と中国株のブログ

Twitterフォローしてね:@sunnyra38541895

米株を買うときに参考にしてみてはいかがでしょうか #485

f:id:toushiblog:20191117141428j:image

米株がどんどん高くなっていってどこの株を買えば良いのか分からなくなることがあると思います。というか僕が若干そんな感じです。そんな時は客観的な数字や評価を参考ししてみてはどうでしょうか。数字といえば最近PERをみるようになりました。PERといえば数字が少ないほど割安株ということになります。僕の持っている株だとMasterCardが割高株ということになり、アルトリア グループやブリティッシュアメリカンタバコが割安であるといえると思います。まあマスターカードは人気があってどんどん買われていますし、たばこ株については業績が悪くなくてもどんどん売られていますからね。割安となっています。

 

他にもS&Pの格付けというものがあります。どういう仕組みかはよくわかりませんがとりあえずなんとなく良さそうな感じがします。そのS&Pの格付けによると最高格付けに値する銘柄は2つだけとのこと。それはMicrosoftとJohnson&Johnsonの2つの企業だけです。まあ確かにこの2つが最高の格付けというのも納得できます。僕も誰かにおすすめの銘柄はないですかと質問されたらこの2つの銘柄をお勧めしたいと思います。この2つの銘柄を買ってずっと保有し続けながら株の勉強をするというのが鉄板な気がします。

 

ただしこの2つの株は少し性格が違う株のような気がします。端的にいってしまうとMicrosoftキャピタルゲインで利益を得てJohnson&Johnsonはインカムゲインで利益を得ることがメインとなりそうです。

まあしかし長期で持っていれば結局両方とも似たようなもののような気がします。というのもMicrosoftだって配当を毎年ちゃんと出し続けますしJohnson&Johnsonだって株価がちゃんと右肩上がりに上がっていきます。だから10年、20年と持ち続けていれば結局一緒なのです。2つ持っていれば良い気がします。

 

冒頭でも申し上げましたようにダウやナスダック、SP500が最高値を更新し続けていくとどうな株を買って良いのか分からなくてなると思います。そんな時にこういったPERやその他や数値を見てみたり、S&Pの格付けに従って買ってみるのも良いと思います。

僕自身も本当に買う株がなくなった時はMicrosoftやJohnson&Johnsonを買ってみようかなと少し思っています。あと一ヶ月と少しで今年も終わります。僕も今年の残りの日々で来年のNISAで何を買えば良いのか考えようと思います。

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

ダウやナスダック、S&P500と軒並み上昇すると本当になにを買っていいか分からなくなりますよ。

それでは今日もみなさまにとってより良い一日になりますように。