アメリカ株と中国株のブログ

Twitterフォローしてね:@sunnyra38541895

バフェットが持っている株 コカ・コーラ【KO】#189

f:id:toushiblog:20190123071135j:image

バフェットと言えば投資の天才ですとか投資の神様なんてよく言われます。そしてそれとは別にお金持ちになりたければお金持ちの真似をしなさいとも言われます。もしその言葉が真実であるならばバフェットと同じ株を買えば成功するかもしれません。まあ成功するかどうか置いておいてバフェットが買った株というのは今も昔も注目されてきました。やはり皆が皆同じことを考えています。だからバフェットが〇〇の株を買っただの〇〇の株を売っただのということがいちいちニュースになるのです。

ではバフェットがこれまでに愛した株はなんだったのか。もちろんいろいろあると思います。しかしバフェットが愛した株といえば“コカコーラ”なのではないでしょうか。

 

コカコーラ。ティッカーシンボルKOのこの企業は圧倒的なブランドイメージを築き上げてきました。僕がいつも一番驚くことはなんだと思いますか。それはよくオリンピックやワールドカップのスポンサーになっていることです。確かにオリンピックやワールドカップのスポンサーになるということ自体凄いと思います。しかし僕が凄いと思うのはそのオリンピックやワールドカップというスポーツの祭典のスポンサーになってしまうということだと思います。コカコーラにスポーツというか健康の要素があるのでしょうか。

 

少し前に「大麻入りのコカコーラが販売される」そんなことがニュースになりました。僕はそのニュースを見たとき半分は笑いそして残りの半分は「ありえるよな」とちょっと思いました。

コカコーラもまた中毒物を扱った企業なのです。ではなんの中毒なのでしょうか。勿論、大麻ではないですよ。それは砂糖です。コカコーラという飲み物多くの糖分を含有しています。よく僕が小さい頃「コーラを飲むと骨が溶ける」なんて言われたものです。勿論そんな事実はないですけど、ただ当たり前ですが飲み過ぎは絶対に駄目です。砂糖中毒になってしまいます。そして糖尿病へ最短距離で向かうことになります。

 

中毒物を扱っている企業ははっきり言って強いですよね。今回のコカコーラは株価の急激な上昇は見込めません。では配当利回りが良いのか、と問われるとまあ良いのは良いですが物凄く良いわけではないです。

ではコカコーラは何が良いのか。それは圧倒的なブランド力です(オリンピックのスポンサーになるのには理由があるのですね)。そして最後になってしまいましたがずっと毎年続く連続増配です。何十年も増配を続けています。

そして冒頭のバフェット氏とおなじ株を買えば金持ちになれるのかと言う疑問についてはそれに対して僕が思うことは「わからない」と答えるしかないです。しかし株価の上昇は見込めませんが配当を増やし続けるにはもってこいの株だと思います。つまりこれから株を買おうと思ってみえる方の初心者向けの株だと思います。

 

投資は自己責任でお願いします。

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

記事の中にも書きましたがコカコーラとは不健康の代表格なイメージです(個人的なイメージです)。だけどそんな企業がオリンピックのスポンサーをやっているわけです。笑ってしまいます。そしてその倒錯感を通り越してコカコーラという企業の凄さを感じるのです。

そしてもう一点補足するともちろんコカコーラはコカコーラだけを売っているわけではないです。他にも色々なジュースや緑茶も売っています。もうなんでもありですね。

それでは今日もみなさまにとってより良い一日になりますように。

ではでは。

つづく。

 

Pitpaもやっています良かったら聞いてくださいね。

https://pitpa.jp/share/profile/sunnyrain35

 

Twitterのフォローよろしくお願いします。

Twitter :@snnyra38541895

f:id:toushiblog:20190122215052j:image