アメリカ株と中国株のブログ

Twitterフォローしてね:@sunnyra38541895

ニッパチ、ニッパチ、ニッパチ #899

f:id:toushiblog:20210105074020j:image

昨日はじっちゃまこと広瀬隆雄さんのYouTubeLIVEを見ていました。新年一発目のYouTubeLIVEでしたが学ぶことがたくさんありました。自分の気になった点としてはやはり二月、八月が下落局面のようだということです。もちろん前後する可能性はあると思います。特にここ最近広瀬隆雄さんだけではなくて色々な方が二月と八月付近で下落すると話をしています。するとそれを聞いた投資家の人が先回りをして売る可能性も出てきます。さらにアメリカ株で一月が株高にならば当然調整局面があると思いますのでこれまた先回りをして売ってくる投資家の人がいるかもしれません。ただし概ね二月、八月あたりで一旦下落であるという考えに自分も同意できますしそれに備えて行動したいと思います。

 

少し以前のブログ記事の繰り返しになるかもしれませんが行動するといっても出来ることは3パターンで売る、ホールド、買うだと思います。売るという手段はもちろんあると思います。ただし注意が必要で全て売らないということです。これは広瀬隆雄さんもおっしゃっていて全て売ると株式投資について忘れてしまって今度は入るタイミングを逃してしまうということになってしまうからです。もし売るという選択肢を取るのであればその人の年齢やリスクの取れる度合いにもよりますが全てを売らないように気をつけるべきです。

 

次にホールドという選択肢ですがこれも私はありだと思います。というのも売るタイミングというのはなかなか計るのが難しいと思います。下落が始まったのを見て売るという選択もあると思いますが結局のところこのまま低金利政策が続くので年末には株高になると思います。ですからホールドして忘れるというのも良い選択だと思います。

最後に買いですが下がっているところ買い向かうというの有りといえば有りですがそれは同じ金額を淡々と買い続けるドルコスト平均法のように買うべきだと思います。そしてその手法ほいつか必ず上がると信じて続けるということになります。個人的にはホールドするよりもタフな戦いになる気がします。

 

自分の持っているASMLは好調で、年始最初のアメリカ株が3指数ともに下落で始まりましたがASMLは堅調に上昇してくれました。このままTSMCの決算、ASMLの決算ともに良い決算を出してくれて上昇が続けばどこかで利確するのもありかもしれません。つまり余裕の利確というわけです。ただあまりガチャガチャ動かすのもどうなんだろうとも思いますし、まだどうするか決めかねて心が揺れています。

一旦決算を見てから決めたいですね。

f:id:toushiblog:20210105073626j:image

https://shop.smls.link/items/37981421

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

このブログを読んでいただいた方は昨年はどんな一年だったのでしょうか。儲かることができましたか。それともあまり儲けることができませんでしたか。今年一年お互い良い年になるといいですね。

それでは今日もみなさまにとってより良い一日となりますように。