アメリカ株と中国株のブログ

Twitterフォローしてね:@sunnyra38541895

広がる資産格差、その中にあって #900

f:id:toushiblog:20210105165353j:image

先日のブログの記事に続いてじっちゃまこと広瀬隆雄さんのYouTubeLIVEについて考えたいと思います。と、その前にアメリカ株を投資する上で広瀬隆雄さんの情報を私はとても有用だと思っていますので是非TwitterのフォローそしてYouTubeのチャンネル登録をお勧めします。

その上で前回の広瀬隆雄さんのYouTubeLIVEで広瀬さんが質問者さんの質問に答えるかたちで資産格差の話をしていました。それはつまりこの先の世の中は資産格差はどんどんと広がっていくのではという考え方です。現在の日本株アメリカ株の株高を見ればそれはなんとなくわかります。

 

なぜそんなことになるのか少し考えたいと思います。と、その前にまず前提としてアメリカの中央銀行のトップであるパウエル氏は私なんかが言葉で表現できない程のものすごく頭のキレる方です。当たり前といえば当たり前でものすごく頭のキレる方だからこそアメリカの銀行のトップにいるわけです。そんなパウエル氏ですらこの資産格差の拡大にとりあえず目をつぶって金利を低くする、お金をじゃぶじゃぶと世の中に行き渡らせなけれいけないと判断しているわけです。それはなぜかというと目の前にいるお金が無くて困っている人をとりあえず救うことが必要だと考えるからです。目の前にいるお金が無くて苦しんでいる人が容易にお金を手にすることができればその人はとりあえず生きながらえることができます。

 

しかしその目の前の人を救うのと同時に資産家はさらに資産を増やしていきます。そうして結果として資産格差がどんどん広がっていくのです。

これはもうどうしようもないパラドックスで一瞬貧しい人を救っているように見えていて長期的には貧しい人が貧しいままになってしまうのです。なんという皮肉というか難しい問題です。ただ思うのが皆が皆貧富の格差の無い世界が果たしてハッピーであるのかというとそれもまた違うのかもしれません。

この辺りの考え方は社会学者の方々がおそらく日々考えていることだと思いますしそしてその考え方が違うからこそTwitterであったりテレビであったりインターネットであったりで絶えず論争が行われているのだと思います。

 

ただ自分の出来ることは資産を貯めることだと思います。それは別に自分が富豪になるのだとか富める者になるだとかそういうことではなくてただただ何もせず貧しい人にならないようにするためです。確かに貧しくとも清く正しく生きていければ良いという考え方もあると思います。ただそういう考えをものすごいスピードで飲み込んでいくように格差は広がっていくのだと思います。貧すれば鈍するという言葉もあるように貧しくなればどんどん選択肢を奪われていきます。選択肢を奪われればそれは自由を奪われるということです。

繰り返すのですが別に資産家になるだとか富豪になるのだとかそういうことを言うつもりは全くないです。そうではなくて日々の生活を倹しく収入の範囲内で生きてそして残ったお金を使って資産を蓄えていくそんな生活をすることが今できる精一杯のことだと思うのです。

f:id:toushiblog:20210105164829j:image

https://shop.smls.link/items/37981421

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

自分は資産が丁度1000万円程なのですかこれってどうなのでしょうかね。ただ多分このまま何もせず現金に変えてもぼっとしているとどんどんと貧しくなっていくのだと思います。そうではなくて株式なりなんらかのアセットに変えて増やすことをしないといけないのだと思います。

それでは今日もみなさまにとってより良い一日となりますように。