アメリカ株と中国株のブログ

Twitterフォローしてね:@sunnyra38541895

さてどんな株を買おうか #836

f:id:toushiblog:20201102081951j:image

いよいよアメリカでは大統領が決まります。ネットの中の意見を見ているとトランプ氏が勝つだとかトランプ氏に勝って欲しいといった声をよく聞きます。逆にテレビではバイデン氏が勝つのではという意見とそれに若干逆張りする形でトランプ氏が勝つという意見を聞きます。しかしなんとなく見ていて思うのは、前回トランプ氏が大統領になるのを言い当てた人がメディアでとても持ち上げられたせいか次の大統領を逆張りして予想している人が多いように思います。逆張りすることによって当たれば持ち上げられて外れればテレビには出ないかもしれませんが生活を脅かされるわけではないので普通の生活に戻るだけです。だったら世の中の空気がどちらかに偏った時に逆張りして予想した方が印象にも残るし当たればラッキーと二度美味しいわけです。空気の読み合いがなんとなく支配しているように思います。まあ二者択一なので予想することになんの意味もないと思うんですけどね。

 

自分が信頼できるなという人はどっちに転んだとしてもこういったリスクもあるし、いやいやだけどこういったリターンもあるよと両建てで話ができる人です。こういう人はどちらに決まったとしても印象は薄いかもしれません。なぜならどちらに決まるだとかどちらに決まったらどうなるなんて明快に話しをしていないからです。

自分はアメリカ株はじっちゃまこと広瀬隆雄さんとアメリカのジムクレイマーを信頼していて両者ともに言っていることは大統領のどちらになるのか予想して行動するということはナンセンスであるということです。寧ろどっちに決まったとしても泰然自若として構えているということが大切だと話します。落ちたら落ちたで買いの好機だと言わんばかりに拾っていきなさいとのことでした。

 

ではどんな株を買うのかというとこれまでずっと上がってきた株を淡々と順張りしていくということです。なぜなら超長期で右肩上がりならば大統領選でギクシャクしてもその右肩上がりにはたいして影響が無いからというわけです。

例えばGAFAであったりですとかあと自分が個人的に思うのは半導体銘柄群です。NVIDIAのジョンハンケはジムクレイマーから現代のダヴィンチだなんて言われていますし、例えばAMDのリサスーもジムクレイマーからいつも激賞されています。またTSMCもずっと右肩上がりですしASMLもずっと上がり続けています。日本の半導体銘柄を買ったりだとか変な銘柄を買わずにそういった王道の銘柄を買ってただ持っていれば良いと思うのです。

 

まあ結局のところトランプ氏かバイデン氏のどちらかに決まるわけですし相場も短期的には上がるか下がるかするわけです。しかし超長期で見ると右肩上がりであることは変わりがないと思いますしこれまで散々下げてきたのでもういいんじゃないのと思うのが普通なのではないでしょうか。あとは多少損しても上がることにかけてその買った株を持っているだけです。順張りしていれば報われる展開がこの先続くと思います。変な逆張りで買わないようにしていれば良いと思います。

自分はCRWDを買っているのでもう何もすることはなくてただただ決算まで見守るだけです。

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

一番駄目な展開はもつれにもつれて訴訟合戦になってなかなか決まらないというのが良くないようです。まあしかしそれにしてもそれこそ長期で見るとたいしたこと無いようですけどね。

そう思うと大阪都構想住民投票で反対派が買った時の松井さんは引き際が潔いですね。

それでは今日もみなさまにとってより良い一日となりますように。