アメリカ株と中国株のブログ

Twitterフォローしてね:@sunnyra38541895

これから続々と決算発表が続きます #829

f:id:toushiblog:20201026123918p:image

いよいよ今週はアメリカ株の決算最初の山場を迎えます。おそらく個人投資家の多くの人はGAFAの決算が集まる日に注目していると思います。というのもMicrosoftを加えたGAFAMはもはや安全資産になっていると思えるからです。

もしあなたがこれから株を始めたいという方に相談されたとしてまず最初に勧めるのは当然インデックスだと思います。インデックスで少しずつ積み立てていくのが鉄板です。しかしその相談者さんがインデックスよりももう少しリスクを取りたいという話をしてきたら間違いなくGAFAMを勧めた方が良いと思います。相談者さんがリスクを承知で相談してくれているのであれば一年後、十中八九あなたに感謝していると思います。決算発表後に“決算の良かったGAFAMの株を買うといいよ”と言えばおそらく大きな間違いは無いと思います。

 

それぐらい今やGAFAMは固い銘柄です。それはとりも直さず家でインターネットを使う人が今回のコロナでこの先も増えるということに他ならないからです。

そして自分が投資しているクラウドストライクはそういった世の中が当然支援的に働くはずなので決算の期待が持てます。しかしそのGAFAMの決算も大切ですがその前にあるトゥイリオ(TWLO)とサービスナウ(NOW)の決算に自分は注目しています。それは大きなクラウド銘柄の最初の決算発表だからです。これら二つの銘柄がどんな決算出すかによってやっぱりクラウド銘柄強いよねという雰囲気になってくれるように期待したいです。

 

株を買うということは究極的にいうとルーレットの球がどこに止まるのかを当てるゲームなのかもしれません。そしてそのルーレットの球がどこに止まるかは運任せではなくアメリカ株においては基本的には業績の良い株のはずです。つまり決算の良かった株というのは長期的に見れば株価が上昇していきます。その流れは企業が若い企業であればあるほど顕著です。

 

長期金利ももちろん大切です。長期金利は全体的なトーンを決めます。長期金利が高いか低いかで株式市場の“雰囲気”が決まります。どの大統領が勝つかもある意味では重要かもしれません(正直個人的にはどっちもどっちという感じですが)。トランプ氏が勝てば減税は継続ですしバイデン氏が勝てば財政支出と中国の融和が長期的には株価上昇を助けるかもしれません。

しかしそれらの出来事は全体的な雰囲気でしかないのです。企業の決算は変わらない事実です。決算が良ければ企業成長する、なにも間違っていません。

自分の投資している株、クラウドストライクが成長しているのかしていないのかそれは決算で知ることができるわけです。

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

自分の持っているクラウドストライクの決算までまだ少し時間がありますがしかしそれでも楽しい日々が過ごせそうです。

それでは今日もみなさまにとってより良い一日となりますように。