アメリカ株と中国株のブログ

Twitterフォローしてね:@sunnyra38541895

たばこ株は復活するのか #450

f:id:toushiblog:20191013115357j:image

アルトリアグループの株価が40ドルを少し下回ったところで下げ止まってそこから反発しました。ということで一番良かった配当利回りは8.5%弱といったところだったようです。その40ドルを割った時に買われた方は結構みえるのではないかと思ったりします。40ドル割ったら買うというのは買う動機としてはよくありそうな気がするからです。買えた方はおめでとうございます。

8.5%の利回りとなるとかなりの高利回りでそれこそ不動産投資並みです。仮に税金を取られたとしてもおよそ6%ほどまるまる手元に残るわけでかなり美味しい投資になったのだと思います。

 

これがもしNISAで買えたとしたら最強ですね。ちょっとやそっとの株価の下落も全く痛くも無いと思います。

僕はというとNISA枠を使い切ってしまっていましたのでしばらく様子見してようとおもっていました。あと下落が少し落ち着くまで見ていたいというのもあったと思いますし年末の賞与で年始にNISA枠で買おうと思っていました。

もう少し先に株価が落ち着いて欲しかったですね。今から反発だと自分の中で買うタイミングを逸してしまいそうです。

どちらにしてもしばらく様子見ですし願わくばもう一度40ドル付近まで下がって欲しいです。

 

もう7%や8%の利回りをNISAで買うことができれば多少の株価下落も多少増配率が落ちたとしても配当を出し続けてくれればもうそれだけで良い気がします。あとはそのもらった配当を再投資し続けるだけです。ものすごく投資効率が良いと思います。

たばこ株はこれまで売られ続けてきました。それがもうそろそろ終わるのではないでしょうか。アルトリア にしても株価が割安水準まで来ていると思います。

過去フィリップ・モリスの投資効率が良かったのは不人気株でありかつ配当を出し続けた株であったからです。今まさにアルトリアも不人気株でありつつも配当を出す株になりつつあるのだと思います。

 

とある日本の投資家の人が仰っていたのは企業がなんらかの失敗をして株価が下落して下落しきったあと、株価が回復して上昇している時にその株を買うべきであるとのこと。

まさにアルトリアグループがそういった局面を迎えているのではないでしょうか。なので配当ももらいつつ、株価上昇の恩恵を受け続けるダブルで美味しい株になるような気がします。

その他のたばこ株も下落は一服したとおもいます。狙ってみるのも良いかもしれませんね。JTもブリティッシュアメリカンタバコも買い時かもしれませんね。

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

たばこ株が復活する日はやって来るのでしょうか。この高配当を受けながらずっと買い増ししていけばsp500に勝てるのか、どうなのでしょうか。

それでは今日もみなさまにとってより良い一日になりますように。