アメリカ株と中国株のブログ

Twitterフォローしてね:@sunnyra38541895

不労所得を手にする方法 #357

f:id:toushiblog:20190711114201p:image

老後お金が寝てても入ってくるようにするためにどうすれば良いのか考えてみようと思います。といっても僕が取れる現実的なルートは年金に株式の配当がプラスされる、そんな収入方法だと思います。あとは残りの人生の中で不労所得の稼ぎ方を月に1万円でもいいから探す、というものになるような気がします。

 

最近にわかに仮想通貨が盛り上がっています。個人的に少し買っても良いと思いますが買うなら10万円ぐらい買ってほったらかしておく、で気がついたら数万円儲かっていたというのが理想だと思います。雑所得の範囲であれば税金もかからないですしそれが良いと思います。

ただなんだかよく理解もせずなんとなく大金を突っ込むというのはやめた方がいいと思います。僕も仮想通貨で痛い目にあってきている身としては、あれってブームなんですよね。上がる時もあれば下がる時もある。だから買うなら本当に少額で数万円勝つことができたらラッキーぐらいで良いのだと思います。

というか数万円勝つことごできるのであればそれはそれで十分じゃないですか。数万円分働くのに何時間かかるのでしょうか。月の収入のうち数万円がどれだけの割合をしめることができますか。

つまり仮想通貨で大儲けしようとせず小遣い稼ぎ程度にしておくべきだと思います。

 

しかし数万円の儲けならば株を買った方が現実的な気がします。安全に稼ぐことができると思います。同じ額だと時間はかかるかもしれませんが振れ幅が小さい分、安心してみていられます。

もう一方の不動産投資というのもありますが、こちらも僕の中で選択肢から外れます。不動産投資をして年利10%ぐらいあれば良いと思いますけど、うむむと考えてしまいます。というか10%の利回りがあっても買った不動産の価値が下がり続けるのであれば買う理由はないです。

それだったら利回りの高い株を買うだけです。

 

株はインフレに強いです。とりわけアメリカ株はアメリカ国内の経済政策がうまくいっていてインフレになっています。逆に日本はインフレというよりまだまだデフレです。こうやって物の値段が安くなるときは配当で一定の収入がある場合はすごく助かります。

つまりアメリカ株は日本のインフレにもデフレにも対応しうる株なのだと思います。

唯一欠点があるとすれば資本が大きくないと配当も大きくならずにキツいというところでしょうか。しかし、だからこそ年金との組み合わせが良いと思っているわけです。

これからも年金に配当でプラスを目標にして寝ながらでも収入があるようにしたいと思いました。

今日もブログを読んでいただきありがとうございました。

MasterCardの株価が好調に上がっています。長期で持ち続けようと思います。何倍にもなって欲しいものですね。

それでは今日もみなさまにとってより良い一日になりますように。