アメリカ株と中国株のブログ

Twitterフォローしてね:@sunnyra38541895

連続増配する高配当株のどんなところが良いのか #971

f:id:toushiblog:20210322164731j:image

少し前になりますがJT、日本たばこが減配するというアナウンスが流れました。JTは高配当銘柄として人気でかつたばこ株の中でも人気のある株だった気がします。たばこ株が高配当株として人気なのは理解できます。しかしそのたばこ株の中でJTが人気なのは少しわからないですがよくTwitterなどで見かける気がします。

JTは連続増配という点ではとても良い株だと思います。しかし一株利益を伸ばすことに苦労をしました。その結果配当性向が高くなり結果として減配するということになりました。つまり連続増配株を買うという時気をつけなくてはいけないのは連続増配をするという実績もそうですが一株利益を順調に伸ばしてくれるという成長も必要になってくるわけです。

 

先日とある記事を読んだのですがそれはフリップモリスの株についてでした。その方は1992年にフリップモリスの株を買ったのですが少し利益が出たのですぐに売ってしまったとのことでした。しかし実はこのフィリップモリスはまさに連続増配を繰り返していってその当時のまま保有していると配当利回りがなんと57%ほどになっていたというのです。その100万円のまま保有を続けていたら毎年57万円の配当が入ってくることになります。そしてこのフィリップモリスは少しずつではありますが現在も配当を増やし続けています。この毎年入ってくる57万円も更に増えていくわけです。

 

こう考えると配当株というのもここ最近よく嫌われていますが投資先がハマれば美味しい株になります。配当利回りが57%なんてものすごい数字にならなくても良いので連続増配を繰り返した結果配当利回りが10%を超える、それだけでも十分な気がします。

自分の持っている株でBTIは買った時がすでに配当利回りが8%近くあってかつそこから増配を少しずつしていっています。ですから将来的に配当利回りが10%〜15%ぐらいまでいってくれたらな、なんて思っています。そうすれば毎年15万円から20万円の配当になります。

 

もちろんそれは株を買ってただ単に何もしないでいた場合であって入ってきた配当を再投資をすればまたリターンも変わってきます。

自分の持っているRPRXが増配を繰り返していって利回りが10%を超えると配当金が40万円を超えることになります。ロイヤリティファーマは営業利益率も高くて可能性はあると思います。自分が60歳になった時何もしなくても配当金として50万円、60万円入ってくれば多少年金が少なくてもほんの少しのアルバイトで生きていける気がします。

連続増配株は全くばかにはできないそんなことを考えたここ最近なのでした。

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

アメリカで常に株主へのリターンが大きかったフィリップモリスですがもらった配当を更に再投資することによって更に更にリターンを高めることができます。すごい株ですね。

それでは今日もみなさまにとってより良い一日となりますように。