アメリカ株と中国株のブログ

Twitterフォローしてね:@sunnyra38541895

引き続き気になる銘柄、ボラティリティが低くて少しずつ伸びてく株を買いたい #938

f:id:toushiblog:20210216082008j:image

先日に引き続き本日も自分の気になる銘柄の確認をしていきたいと思います。

とその前に日経平均30000円突破しましたね。引けで3万円維持しているのでこれは強いなと思いました。このブログは本日の朝に書いているのですが更に上に上がるようでしたここからスルスルと上に行きそうな気がします。円も安くなっていますしアメリカ株の先物も上がっているのでおそらく上に行く気がしています。

ちなみに自分の持っている日本株はNTTとKDDIオリックスの三つですがどれも好調です。そしてまだまだ割安なので安心して見てられます。落ちてきたら拾えばよいだけです。買い増しするタイミングで買い増せなかったのが今思うと痛恨でした。

 

さてアメリカ株ですがペット関連が好調ですよね。よく言われるのがペットの人化です。つまりペットを人間と同じように扱うということです。ということでこれは既に有名ですがペット関連商品のオンライン販売をしているチューイー(CHWY)が筆頭な挙げられます。そして次にペットの製薬企業としてゾエティス(ZTS)も良い銘柄だと思います。

他にもIDXXもずっと株価が好調です。CVETは丁度大きなカップを作って最高値を抜けるところです。そして時価総額も小さいので面白そうです。WOOFは最近IPOしたばかりの銘柄ですのでまだまだわかりませんが注目の銘柄であることには変わりはないと思います。

 

そしてこれも気になっているのが半導体関連ですね。こちらもまだまだ好調です。自分はASMLを売ってしまったわけなのですが少し失敗したかなと後悔しています。それほど今は半導体関連銘柄が活況です。半導体はインターネットに必要ですし自動車にも必要です。コロナの影響で世の中がデジタル化をしていきそれに伴って半導体が必要とされるわけです。そうなってくると半導体銘柄はどれもよい気がしますが、どれもこれもといくと良くないと思うので個人的に気になるのは半導体装置銘柄ですよね。これは強いと思います。つまりまだまだASMLは強いと思いますしAMATも強いわけです。あとはラムリサーチ(LRCX)も強いですよね。

 

逆に少し加熱感というか手を出しづらいなと思うのがEV関連やクリーンエネルギー関連ですね。この辺りに手を出すぐらいなら昨日、今日で挙げた銘柄を買った方が安定して利益を挙げられるように思います。クリーンエネルギーかどうかわかりませんがNEEならば安定してそうなので買うのもありだと思います。ちなみにこれらの銘柄は自分が一から考えたわけではなくてジムクレイマー氏やじっちゃまのアドバイスを元にしています。

なるべくボラティリティの低くて少しずつ少しずつ株価を上げる株を長期で持つということをしたいですね。

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

若い頃ならボラティリティの高い株で勝負するのもありかもしれませんが自分としてはヒタヒタと株価を上げる株を持ち続けたいと思います。

それでは今日もみなさまにとってより良い一日となりますように。