アメリカ株と中国株のブログ

Twitterフォローしてね:@sunnyra38541895

バイアンドホールドできる株を買う #839

f:id:toushiblog:20201105163519j:image

アメリカの株を買っている以上はアメリカの大統領は確かに気になります。よく投資家は不確実性を嫌うなんて言いますが結局のところ大統領がどちらになってもアメリカ株が上がるときは上がるし下がるときは下がるわけです。それよりも変にもつれてなかなか決まらず不確実性が増してアメリカ株が下がるというパターンが投資家は嫌います。だったらどんな株を買うべきかというと、どちらの大統領になってもマーケットから退場しなくても済むような株を買うべきです。トランプ氏が買ったからこうだとかバイデン氏が買ったからこうだとかいう株を買うこと自体ナンセンスだと思うのです。

 

自分はクラウドストライクという株を買っています。この株はジムクレイマー氏がとても良い株だと言っていて三年から五年待ち続けることができると言っていました。クラウドストライクはサイバーセキュリティの企業です。そしてつい最近IPOされたばかりです。決算の結果を待って買い増したいと思っていますがじっちゃまこと広瀬隆雄さんもおそらく決算は良いだろうとおっしゃっていました。もちろん憶測や推測で動くのは危険です。しかし自分も決算は良いと思っています。どちらの大統領が勝利しても長期金利が上昇してもこういう株を持ち続けたいものです。

 

長く株を持ち続けるといえば自分は配当株が好きです。配当株は確かに今、分が悪くて株価を落とす傾向にあります。しかし配当株は配当をもらえるので権利確定日まで待とうかとなかなか売り時を逃してしまいます。しかしそれが結果としてホールドに繋がりなんならもらった配当を再投資することによって株数を増やすことができればますますホールドする時間が伸びていきそのままバイアンドホールドに繋がります。市場から退場しないというミッションに配当株はよい投資先になると思います。ちゃんとその株が配当を出してくれるか選別することが大切ですがそこをクリアすれば一生持ち続けることも容易にできると思います。

 

まあそういった“退場しないようにする”といった意味でもインデックス投資はとても優秀だしQQQといったETFを少しずつ積み増していくというのも良い投資方法だと思います。

株を買っている人は当然知っていると思いますが今、経済格差が広がっています。それは日本に限らずアメリカでもヨーロッパでも同じです。新型コロナによって資産を増やしている人と資産を減らしている人に分かれているからです。今日、このブログを読んでくれている方はどちらでしょうか資産を増やしている方でしょうか資産を減らしている方でしょうか。資産を増やすそのためにはマーケットに居続けることがとても大切なことであって大統領が誰になろうともそれは変わらないと思います。

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

なかなかアメリカの大統領が決まらない時が一番良くないなんて書きましたが結局蓋を開けるとまさにアメリカの大統領がなかなか決まらないようすですね。しかしマーケットはそんなことはお構いなしとばかりに上昇しています。

本当にわからないものですね。

それでは今日もみなさまにとってより良い一日となりますように。