アメリカ株と中国株のブログ

Twitterフォローしてね:@sunnyra38541895

金価格はどこまで上がるのか #748

f:id:toushiblog:20200806081201j:image

マイクロソフトベライゾンファイザーを売りました。マイクロソフトは利益が出ていたので一旦利確です。ベライゾンは利益が出ていて配当も得ましたので問題ないですしファイザーはほんの少しマイナスでしたがそもそも投資額が少なかったのでたいしたマイナスではなかったです。配当も得ていましたのでプラスマイナスゼロぐらいだと思います。全て足しておそらく90万ぐらいになると思います。そのお金でHMYに追加投資をしようと思っています。HMYとは以前も書いた覚えがありますがアフリカの金鉱株です。金鉱株を買うということは金の価格がここからさらに上昇すると思うからです。

 

金の価格が今上昇しています。それは世界のそれぞれの政府が現金を大量に刷っていて現金の価値がどんどん下がっているからとよく言われます。はたまたアメリカと中国の対立が激化してきているからとも言われています。そしてチャート的にも以前の最高値を更新したのでそこから上値が抜けて上に上がりやすいというのもあるとあると思います。

上昇するのにはいろいろ理由がありますが事実として上昇しています。そして上値の抵抗がないのでとても上がりやすい相場だと思います。そういったわけで金の上昇相場に乗ってみようと思うのです。

 

最近ダン高橋さんの動画をよく見ています。個人的には少し胡散臭いな、なんて思ってしまいますがYouTubeのコメント欄を見ているとものすごくたくさんよ人に支持されているようです。確かに動画で話されていることは説得力があります。話の内容は参考までで最終的には自分で判断しなくてはいけません。しかし自分が納得しなるほどと感じたのはポートフォリオです。つまり株ばかりを持っていること自体あまり良いことではないというのです。もちろんそれは金の現物を持ちなさいというわけでなく金の相場にも自分の資産を振り向けなさいという意味です。およそ10%-40%ほど金や銀、貴金属に振り向けようと言うのです。

 

そしてそれは長期的目線に立ってで老後までずっと持ってましょうと話をされていました。老後まで時間があるようで実はあっという間にやって来ると思っています。とはいえ確かに老後というのには少し早い気もしますが金を持っておくべきだと思ったので株を売って金を買うことにしたのでした。

それにしても金の価格はどこまで上昇するのでしょうか。金融緩和と金融引き締め現在どっちを行なっているのかを考えて、もし金融引き締めの方にアメリカや世界が傾いた時は金の相場も終わるのだと思いました。

今日もブログを読んでいただきありがとうございました。

ブログではHMYを買うつもりと書きましたが何が起こるのかわかりませんので一応、予定ということだけ書いておきます。たぶん買うと思いますけどね。

それでは今日もみなさまにとってより良い一日となりますように。