アメリカ株と中国株のブログ

Twitterフォローしてね:@sunnyra38541895

現在の状況と雑記 #1315

f:id:toushiblog:20220924062946j:image

前回のブログでアメリカの10年債利回りが3.5%を付けたと書きました。個人的に3.5%となると自分の中では節目なので驚きだったわけだったのです。しかしそんな驚きもあっという間で更に10年債利回りは上昇していって一時3.8%をつけました。現在はそこから戻り3.68%あたりをつけています。以前のブログの繰り返しになりますが自分はTECSというハイテク株のベアの3倍に動くETFを買っているのでナスダックの下落に影響を与えるであろう10年債の利回りが上昇してくれるのは大歓迎です。というかもっともっとナスダックは下落してほしいと思っています。

 

思えば九月の初めに今月は株価が大きく下落すると思いTECSの保有を続けようとTECSを持ち続けたのでした。その八月の初旬に買っていったハイテクのベアETFのおかげで自分の資産はどんどん大きくなっていきました。もちろん円安の恩恵もありますが今やTECSの評価額は1200万円を超えました。自分の年初の全ての資産合わせて1180万円ほどでしたからその年初の資産と同程度の金額のポジションを取っているということが自分でもすごいなと思ってしまうのです。というか今年の年初ここまで一気に資産が増えるなんて思ってもいませんでした。

 

以前自分の資産の推移目標のようなものを手帳に書いたりしていました。その手帳によると毎年100万円ずつ資産を増やしていって〇〇年後には2000万円なんて書いていました。そしてその目標よりも上振れればそれはそれでラッキーなんて思っていたのです。しかしその予測は嬉しい方向で外れてくれて大きく“巻いて”くれています。もうすでに2000万円も視界に入ってきています。今年の年末の時点で達成しているかもしれないのです。3000万円とは遠い未来だなと思っていたのですがそんなことはないと思えます。

 

あらためて複利の力とはすごいなと思います。アインシュタインも人類の最大の発明は複利の法則の発見だと言っていたのも頷けます。資産が1000万円を超えたとき1000万円を超えてもたいして資産の増えるスピードは変わらないなと思っていました。しかしそんなことはなかったです。もちろん時の運というのもあったと思います。しかし何か大きなポジションを取るときに少し大きなポジションを取ることができます。そしてその少し大きなポジションがうまくいけば大きな利益を運んでくれるかもしれないのです。

九月も残り一週間です。おそらく最後の一週間も株価は下落していくと思っています。底を打つまでにTECSが1500万円になるのかさてどうなるのか自分のなかでも楽しみです。

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

ここ最近もし仕事をやめて自由な時間を手に入れたら何をしようかなんて考えることが多いです。そんな夢のような時間を手に入れるために時には大胆に時には慎重に勝負していきたいと思います。

それでは今日もみなさまにとってより良い一日となりますように。