アメリカ株と中国株のブログ

Twitterフォローしてね:@sunnyra38541895

FCXを買いました その2 #1217

f:id:toushiblog:20220311141835j:image

現在FCXに集中投資中なのでブログで書くこととなるとFCXのこととなります。一応FCXについて説明をしておくとFCXはフリーポートマクモランという企業のティッカーシンボルです。なぜFCXに投資をしているかというとFCXは素材に強みを持つ企業でPERが低く割安株であると思ったからです。アメリカは現在インフレ状態となっておりましてインフレ状態となると物の値段が上がっていきます。ということで素材を扱う企業は素材そのものが値上がりしていくので儲かるというわけです。ですからFCXに投資をするというのは理にかなっているというわけです。

 

ではなぜ割安株が良いかというとインフレ局面ではインフレを抑制しようと中央銀行政策金利を上げようとしてきます。そして市場はそれを予測して長期金利が上昇し、そうなるとお金を借りる際に金利分のコストがかかるため遠い将来の利益が目減りします。PERが高いということは将来の利益を現在に折り込んでいるということですからその“あて”が外れてしまいます。ということもあってPERが高い企業というのは株が売られてしまいます。逆にPERが低いということはそもそもの期待値が低いので割高で買われているわけではなく金利の上昇によって株価が下落するというリスクは低いのです。

 

これらの考えは私個人の理解です。もちろん間違いもあるかもしれませんし必ずしも当てはまるわけではないと思います。しかしおそらく基本というか土台となる考え方ということには間違いないと思いますのでそこからスタートして応用して自分なりの投資するのももちろん正しいと思います。PERが高くても金利の上昇に負けないほどの稼ぐ力があれば良いと思います。金利が上昇している局面で株価を上昇させたグロース株というのも存在しました。MSFTやAAPLなどは金利の上昇にも負けずかつて株価を上昇させ続けてきました。

 

現在のFCXはPERが16倍程度ですし銅やモリブデンを取り扱います。自分の投資した額よりも株価が下がっていて損失を生んでいます。しかし現在は少しずつ株上昇してきています。そしてなによりも為替が円安に向かっています。まだまだ損をしていますがここから利益を出してくれると信じてホールドしようと思っています。

それにしてもTwitterで投資をしているひとで前から気になっていた人がグロース投資からバリュー投資に切り替えることが出来ず苦戦しているようでした。頭の切り替えというのは大切ですね。

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

なんとか資産が年始に戻って来れば自分の中で良くやったと思えますし年始から資産を大きく減らした方も多くみえたのではないでしょうか。そう思うと自分、なかなかやるなと思えるから不思議です。

それでは今日もみなさまにとってより良い一日となりますように。