アメリカ株と中国株のブログ

Twitterフォローしてね:@sunnyra38541895

投資をしていて何もかもがうまくいくとは思えない #1189

f:id:toushiblog:20220117141706j:image

先日溜まった配当でVTIを一口NISA枠で買いました。買った時の金額が238ドルでした。しかしご存知のようにここ最近のアメリカ株のギクシャクした様子から買値よりも今のVTIの方が安かったりします。こういうのって難しいなと思うのですがなるべく高く買いたいと思うのですがなかなかうまくいきません。しかし自分はもうそういうのには慣れてしまって株を買う時は一番良いタイミングでは買えないものだと割り切るようにしています。そして買ったらすぐに株価が上昇する、なんて都合の良いことも思わないようにしています。株というのはいつも自分の都合の悪いように動くものです。

 

というわけでVTIというのはいつか上がるからいいやと考え年初の目標通り一月に一つずつ買っていきたいと思います。今年は指数が儲からない一年になると聞きました。ということはVTIも儲からない一年になるということだと思います。しかしそれでもトータル、つまり長期スパンで見れば少しずつ上昇していきます。ということで淡々と積み立ていくことが正解だと思います。なのでお金に余裕ができたり、配当が貯まったときは積極的にVTIを買っていきたいと思います。枚数が少しずつ増えたり、配当が少しずつ増えていくのを見ているとなんだか投資が楽しくなってきます。

 

これからあるといえば毎年恒例の二月と九月、十月の大きな下げがまたやってきます。十一月、十二月、そして一月で株価が上昇してきているので流石に一旦ブレーキというわけです。来月はアメリカ株の調子が悪くなる月です。本当は現金に逃げておくことが良いと思うのですがこのまま突入していこうと思います。CCLはまだ大きく上昇していないのでこのまま持っていようと思うのです。下げ幅もまた小さいと思うので傷も浅いと思うからです。しかしこの先二月に入るまでに大きく上昇したらその時は方向転換しようと思います。少しずつ利確するのも良いかもしれません。

 

まあそんな想定をするのも良いですが今回の記事にも書きましたように投資では何もかもが上手くいくとは思わない方が良い気がします。そしてそれはたった一口のVTIの買い付けもそうですし一年を通してのアウトルックについても同じです。いくらうまく買おうとしてもうまく買えないですし、いくら想定していても資産の上下に対してうまく利確や買い増しができないのです。

自分という人間は全くスマートでも無い、そうやってどこか冷めた目で見ていて精神的に安定していきたいと思います。

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

年始に立てた目標というものはとにかく忘れ去られるものです。途中、途中で点検していく必要があると思いました。

それでは今日もみなさまにとってより良い一日となりますように。