アメリカ株と中国株のブログ

Twitterフォローしてね:@sunnyra38541895

12月相場に思うこと #1162

f:id:toushiblog:20211202081455j:image

株価の乱高下が続きます。上がったと思ったら次の日に下がり、下がったと思えばまた次の日に上がる、そんな日が繰り返されます。しかしその上下のパターンも今朝の相場明けで崩れ、最後には続落で終わりました。ここのところオミクロン株の出現により株式市場はギクシャクしているのかと思いきや、そうではなくてオミクロン株を口実に利確をしている人がいるというところが実情のようです。つまり何が言いたいかというとオミクロン株って実際は大したことないんじゃないのか、というコンセンサスが市場に生まれれば調整を十分にこなした株は再び上昇するのではないかということです。

 

まずダウもSP500も移動平均線にタッチしています。ここでうまくサポートされれば一転して上昇というのもあり得ます。次にVIX指数が30を超えています。これは市場が“もうすでに”大きく悲観している状態といえると思います。そしてオミクロン株が果たしてそれほどの脅威なのかという疑問もあります。そして更に付け加えるとアメリカ国債の10年債の利回りが1.4%まで低下しています。

もちろんそれぞれ確実性はないですし、個人的には楽観視していますが悲観的に方向に振れる場合もあると思います。しかしそろそろ休養十分であると見ても良い気がします。自分はフルインベスメントなのでキャッシュを持っていませんが今から買いたいという方は少しずつ買うというのも良いかもしれません。

 

しかし気をつけたいのはハイテク企業一辺倒になるのは危険だと思います。というかTwitterでハイテク一辺倒にしている人の様子を見に行ってみると良いかもしれません。決して良い展開にはなっていないと思います。ハイテク株の時代が終わったとは言いません。しかしハイテク株が主役の時代は終わろうとしていると思います。ハイテク以外の企業がよくわからないよと言う人はVTIを買うと良いと思います。

 

もちろんVOOでも良いと思いますしIVVでも良いと思います。それらの株を10万円でも5万円でもいいから少しずつ買っていくわけです。もちろん若い人が他のことにお金を使いたいという気持ちはわかりますそこは我慢して少しずつお金を貯めて欲しいと思います。

沢木耕太郎さんが大人が歳下の人に偉そうに言うのを嫌って自分は自分より若い人に何か言うのを控えていると書いていましたがしかし今の自分が昔の若い自分に声をかけるならば早く投資を始めなさいと言うと思います。若い頃の自分はフリーターで親の脛をかじっていました。かじる脛があるうちにお金を貯めて種銭を用意して投資を始めて欲しいと、今の自分ならば若い頃なら自分に言いたいと思います。

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

いよいよ寒い日が続いてきました。健康に気をつけて一日、一日を過ごしたいと思います。

それでは今日もみなさまにとってより良い一日となりますように。