アメリカ株と中国株のブログ

Twitterフォローしてね:@sunnyra38541895

SPXLを買いました #1145

f:id:toushiblog:20211105215923j:image

いやあアメリカ株好調ですね。資産が増えていきます。現在は1112万円ほどですが年末までに少なくとも1200万円まで行って欲しいと思っています。ということは今月末の目標を1150万円にして1200万円までの道のりを作りたいと思います。まあそれほど難しいことではないと思います。

そんなわけでARとTFCを売ったお金でSPXLを買いました。金額としておよそ250万円分です。これを少なくとも一月の末まで持っていようと思っています。二月に入ってか利確するのかそれともそのまま持ちつづけようか考えたいと思います。


SPXLはSP500の上昇に対して3倍の上昇をするETFです。ただ下落も当然、相応の下落をしますので上昇するという自信がある時は良いETFになります。まあ要するにまさに今のようなブリッシュな相場環境の時にはうってつけというわけです。しかしもっというとアメリカ株はずっと右肩上がりなので過去を振り返ってみてずっと持ち続けたとしても全く問題なかったということになります。

過去を使って未来を類推することはたしかに有効ではありますがしかし絶対ではありません。何か大きな下落があればそれはそれでそういうリスクを取っていたということ以外何もないです。

 

何度も繰り返しますが11月はアメリカ株にとって一番強気のシーズンです。自分の取れる範囲でリスクを取っていけば良いと思います。9月、10月の頃は今年の年末は例年と違ってもしかすると駄目かもしれないと言われていました。しかしフタを開けてみれば結局この強さです。いかにこの11月の強気相場が強いかということです。

そして12月のクリスマスラリーに突入して来年の1月を過ぎてそして2月に入って小休憩です。この2月にどういった態度をとるのかも大切かもしれません。2月に入る前に一旦利確するのも良いかもしれません。

 

そして3月、4月と入って行くわけです。しかし途中で利確を入れずそのまま持ち続けるのも良いかもしれません。一番の鬼門である9月と10月をどうするかが一番の問題なのです。

そんな風にして投資をしていけばお金が減るということはないと思います。というかドルコスト平均法が理由があってできないという方はこういった悪いアノマリーを避けて良いアノマリーの時に買う、それだけでも全然違うパフォーマンスになると思います。そしてそこで買うのは右肩上がりの株であったり右肩上がりのETFでよいのです。お金は大切です。少しずつでも良いので頑張ってお金を増やしましょう。

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

SPXLはしっかりと稼いでくれると信じたいですね。

それでは今日もみなさまにとってより良い一日となりますように。