アメリカ株と中国株のブログ

Twitterフォローしてね:@sunnyra38541895

VTIを買うということ #1141

f:id:toushiblog:20211029184521j:image
最近GAFAMの名称を新しくしようとTwitterで色々な呼び方を見かけます。呼び名を考える方もある種の大喜利のようになっていて個人的にはほのぼのしていて良いなあと思っていました。あまり突っ込んだことを言いたく無いですけどここ最近のテレビで報道されていることとそれに対しての人々の反応を見て少しうんざりとしていました。それに比べると投資の世界は人々に平等であって、そして良い意味で無表情だなあと思います。そして時に人々に平等に鎌をおろし、そして時に人々に平等に食事を与えるのです。本当に面白いです。才能がある人にはその才能に見合った対価を得て、才能が無い人でもある程度勉強すれば(決して専門的なことでなくても良いところがポイント)才能が無いなりの恩恵を受けます。

 

そんなGAFAMとテスラのTがそれぞれ決算を発表しました。結果は良い決算もあれば悪い決算もあった、そんな感じです。もう少し言えばインフレなどの諸々の悪い材料をモロに受けた企業もあればそんなそれらの悪い材料をものともしない決算を発表した企業もありました。そしてTwitterのなかではそれらの決算に対しての悲喜交々が見られました。

ちなみに自分はというとAppleは決算前に売っていました。そして保有していたマイクロソフトは以前の記事にも書きましたようにとても良い決算を出しました。

 

さてここからが自分の言いたいことなのですがVTIの何が優れているのかというとこれらGAFAMやテスラの株、そしてその他アメリカの株全体を少しずつ摘んで並べたのがVTIなのです。つまり今回のGAFAMについていえば良い決算を出した企業の値上がり益を十全に享受できないかもしれませんがしかし良くなかった企業のダメージも少なくて済むのです。そして長期で見れば株価は右肩上がりで上昇していてその上昇の恩恵を受けることができるのです。

 

初心者はVTIの積み立てをしろと誰かが話していましたがその通りだと思います。上がりも少ないかもしれませんが下りも小さい、しかし確実に上昇してくれる、とても優しい投資先です。時々QQQとどちらが良いかなんて比較になるけれどそういった点でも初心者はVTIの方が分配金がある分良いと思います。分配金をいらないという人がたまにいます。たしかに分配金を再投資するのは非効率なのかもしれません。しかし何かリアルな生活で困ったことがあれば最悪そのときはその分配金を使えば良いのです。そして元のVTIは売らずに保有し続けるわけです。つまり分配金はリアルな生活を助けてそして投資しているお金のほうをなるべく売らないように守ってくれるのです。

ということで初心者の方はVTIを買いましょう。そして自分には投資の才能が無いという自覚のある人はVTIを買いましょう。今のあなたの生活がいつまでも安定しているとは限りません。不安定は突然やってきます。だから不安定なのです。不安定とはそういうものなのです。その突然やってくる不安定のためにもVTIを買いましょう。

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

このブログをちまちまと書いているようにちまちまとVTIを積み立てています。先日も少し買いました。またブログにて書こうと思います。

それでは今日もみなさまにとってより良い一日となりますように。