アメリカ株と中国株のブログ

Twitterフォローしてね:@sunnyra38541895

KDDIより配当金をもらいました #1057

f:id:toushiblog:20210627063721j:image
KDDIより配当金をもらいました。金額は一株につき60円で100株持っているので6,000円です。そしてそこから税金を引かれて手元に残っているのが4,782円でした。もちろん配当金は嬉しいのですがしかし税金が引かれて手元に残る額が少ないと寂しいものですね。もともと20%だった税率が東日本大震災の復興税として20%より上乗せされて引かれています。ですから6,000円から単純に20%引かれて4,800円というふうにはならないんですね。もちろん震災からの復興は大切ですしそれについて引かれること自体は自分自身納得しています。そうではなくて20%の税自体が多いなと思ってしまいます。

 

ここからは特に専門でもなんでも無い人間の考えなのですが、そもそも配当金というものは会社の純利益から出るはずです。純利益から出るということは配当には既に企業に対する税金が引かれた後に手元に来ているのです。そしてその手元に来た配当から税金を引くというのは二重課税になったりしないのだろうかと思います。

外国の株よりもらう配当は現地で引かれてさらに日本で引かれます。その外国株にかかる二重課税分については“申告することによって”戻ってくることは知っています。そうではなくて企業で引かれてさらに個人の所得から更に引くというのはどうなんだろうと思うのです。

まあ国のシステムがそうである以上どうしようもないことなのですがなんだか釈然としないものです。

 

配当金とは別に優待の案内も来ました。自分はKDDIでの初めての優待です。優待をもらうまでは優待って楽しくて良いよなと思っていたのですがいざ手元に来ると品物を選んで郵便ポストに投函しなくてはいけません。そう思うとこれもまたどうなんだろうと思ってしまいます。年齢を重ねると物欲がどんどん減っていきますしそう考えると現金でくれよと思ってしまいます。

KDDIに限らず優待というのは一見良さそうに見えますがいざもらうとなるとなかなか面倒くさいものだなと思いました。

 

とまあぶつぶつと文句を言っていますがもちろん間違いなく良い株であることには間違いありません。増配をしっかり続けてくれていますしその増配の源泉となる一株利益もしっかり伸ばしてくれています。ということは配当の増配もそうですが株価の上昇もしっかりと狙える株ということになります。そしてPER的にも11倍から12倍と無茶苦茶高いというわけではないので安心して買うことができると思います。

KDDIが優秀な株であることには間違いないのです。

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

ということで前回のオリックスからもらった配当金は3,427円です。そしてそこに今回のKDDIからの配当金4,782円を足すと8,209円となります。アメリカ株からの配当は現在およそ97,128円なりますので合計すると105,337円となります。ついに100,000円突破ですね。

それでは今日もみなさまにとってより良い一日となりますように。