アメリカ株と中国株のブログ

Twitterフォローしてね:@sunnyra38541895

派手よりも地味、そう思うことができるか #1014

f:id:toushiblog:20210507174548j:image

先日音声配信アプリSTAND.FMを始めました。ブログの一番下にリンクを貼っておくのでよかったら聴いてみてください。話すテーマは自分のその時興味のあることを話そうと思います。興味のあることといっても大抵は投資や人狼あたりになると思います。あとは雑談ですね。

ということで一回目は自分の好きな投資対象をランキングしてみました。一位は米株、そして米株の中でも地味な株、そしてVTI等のETF、その次に今ならばハイテク株としました。あとはそのSTAND.FMを聴いていただくとして、少し曖昧になってしまった米株の地味な銘柄について具体的に掘り下げたいと思います。

 

地味な銘柄と派手な銘柄というのは違うくまでも私自身の主観です。派手な銘柄というとだいたいハイテク銘柄です。そして地味な株というとそういったハイテク株ではなくて昔から存在するような地味な銘柄というつもりで話しました。

例えばハイテク株にAmazonやショピファイがあるようにその逆の地味な銘柄だとコカコーラやマクドナルド、あとは素材株などです。ハイテクが派手でそれ以外が地味といったニュアンスが伝わればと思います。なんとなく伝わると思うんですけどねえ。

 

ハイテク株はおそらく年末に一度相場になる気がします。おそらくその年末まではいまいちパッとせず不遇の時を過ごしてきてその不遇の時に力を溜めて年末に爆発するといったイメージです。

セクターのローテーション的にもそのような流れかもしれませんが、しかしもう一つ理由があってそれは一旦好景気だなんだと明るいムードが世の中全体を包んだ後その反動が来て一転不況に陥るかもなんて思うからです。まあ大局的な大きな流れはアメリカの好景気ですがしかしその中にある波の一つでして、時々来るグズグズした時に備えてのハイテク株というわけです。

 

地味な株はTwitterで賑わうようなチャラチャラした銘柄ではなくて、とSTAND.FMで話をしました。地味な銘柄もまあTwitterで話題にもなりますし、かつ別に競走相手がいないわけでもなく常に競走をしています。

しかしハイテク株とは違ってもうすでに期待されまくってこれ以上上が無いなんてことはありませんし、似たような株がたくさんあるということもありません。そして地味な銘柄は誰にも知られていないからこそひっそりと上がり続けるということも可能なのだと思います。

自分はAZEKの株を買っていますが住宅建材なんてのは本当に地味でそれこそひっそりと上がり続けてくれればと思っています。

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

時代はイケイケな株よりもクラスの隅でこっそり本を読んでいる地味な子に光が当たっています。

それでは今日もみなさまにとってより良い一日となりますように。