アメリカ株と中国株のブログ

Twitterフォローしてね:@sunnyra38541895

またやってきたたばこ株についてのアレ #1008

f:id:toushiblog:20210501163116j:image

つい先日バイデン政権がメンソールたばこ禁止すると発表されました。ということでたばこ株がそれぞれ株価を下げていました。メンソールたばこが売れなくなれば売上も利益も減るであろうという判断だと思います。自分はたばこなどを全く吸わないのですが、しかしメンソールたばこという物が人気あるというのはなんとなく想像できます。そしてメンソールたばこというと女性がよく吸う勝手なイメージです。

まあそれはそれとしてもし仮に実現すればそれは確かに売上に対して大きなインパクトを与えることは間違い無さそうです。ではたばこ株はおずおずと退場させた方が良いのでしょうか。

 

それには違うと言いたいと思います。というかこれまでのブログのくだりは何回目だよと言いまたかなります。そうなんですこのメンソールの販売を禁止するという話は度々出てくる話なんですよね。しかしその度に実現することなく日にちが過ぎていくのです。

実現しない理由は政治的な思惑も絡んでいるのでどうなのか本当のところはわかりません。しかしやはりたばこというのはその国の大きな税金の元となっています。つまり表向きはカッコいいことを言っているけど裏ではたばこ株の恩恵を享受しているのです。

 

自分の持っているブリティッシュアメリカンタバコはとても儲かっている企業です。そして高配当です。更にADRで買えばアメリカでの税金がかかりませんのでNISAで買えばとてもよい投資となるのです。NISAで買えば日本での税金も免れるのでアメリでも日本でも税金を引かれずにそのまま配当をもらうことができるのです。ですからたびたびこういった類のニュースが出て株価が下落した時に配当利回りが高まって良い買い場となるのです。

ちなみにブリティッシュアメリカンタバコは現在では7%後半の配当利回りとなっています。

 

AT&Tの株を売っておいてこんなことを言うのもなんですが今年に入って配当株を買っておいて良かったなと思わされる時が何度もありました。そしてたばこ株はちゃんと増配を繰り返してくれています。自分はこの株を買ってまだ数年といったところですが何度も買って良かったと思いましたし買った時の買値の配当利回りが10%を越えていると思います。そしてまだまだ増配の余地もありますし更に配当利回りが良くなっていくのだと思います。

先日はハイテク株についてブログを書きましたが今回は配当株について書きました。キャピタルゲインを狙う株とインカムゲインを狙う株の両方を揃えておくことが安定的に株で利益を得るための良いポートフォリオとなるのだと思います。

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

そうなんですよね。たばこ株はいつも規制する、規制する、と言われつつここまできたわけですからね。あとこれは推測になりますがたばこの税収はむしろ喉から手が出るほど欲しいのではないでしょうか。それをみすみす手離すということを個人的には考えづらいと思いました。

それでは今日もみなさまにとってより良い一日となりますように。