アメリカ株と中国株のブログ

Twitterフォローしてね:@sunnyra38541895

日本の通信株が強い #974

f:id:toushiblog:20210326180318j:image

日本の通信株が引き続き好調です。アメリカ株の下落にも負けずしっかり反発してくれています。配当もちゃんと出してくれているので問題無いですね。安心して見ていられます。増配もしてくれますし増配が継続する限りはずっと保有するつもりです。以前このブログの記事に学資保険をかけるぐらいならばKDDI株を買った方が良いと書きました。自分には子供がいないので学資保険のことには詳しくないですが学資保険というのは利回りがどれほどなのでしょうか。KDDIの株よりも利回りが良いのでしょうか。しかも学資保険ということは一定期間引き出すことができないのでしょうか。引き出そうとするとペナルティが取られるのでしょうか。

 

ちなみにKDDIでなくてもNTTでも鉄板だと思います。子供が例えば一歳から十五歳になるまで十五年間保有しつづけていればどんな違いがあるのか検証して欲しいですね。仮に株の方が当初の予想通りの利益を得られなくてもNTTとKDDIならばそれほど大きなミスは無いと思います。そして配当性向もまだまだ40%ほどです。この先60%まで引き上げられたとしてもまだ余裕がありますし安心感があります。

そして増配が行われて配当利回りが高くなれば当然株としての魅力も出ますから株が買われて株価が上昇するということもあると思います。

 

もちろん日本の通信株が一番というわけではないです。アメリカ株で一番良い評価を与えられているJNJやMSFTでも良いと思います。JNJは株価の値上がりも狙えますがやはり安定した増配が魅力です。他方でMSFTのほうは増配ももちろんしてくれますが株価の値上りが期待できます。そしてそのどちらの株も長年保有し続けることによってどんどん株主に利益がもたらされていくのだと思います。

他に良い株はあると思いますが確実に増やしたいと願うのであればこの二つの株を均等に持てば良いと思います。

 

学資保険をかける人と日本の通信株やアメリカの優良株を買う人とは何がちがうのでしょうか。自分が思うのはお金についてのリテラシーの違いが大きいと思います。お金を増やす方法を適切に理解しているのかいないのかそれを知っていればどうやって自分の子供のために資産を残していくのか考えられるはずです。

KDDIは現在も最高値を更新しています。そしてこの先5Gの普及に伴って更に株価を上昇させるはずです。もちろんNTTも然りです。そしてJNJやMSFTももちろんただ持っているだけで良いのです。

今日もブログを読んでいただきありがとうございました。

自分は子供はおろか結婚さえもしていないのですがしかしこんなことを考えたりするのって何かおかしいのですかね。笑ってしまいます。

それでは今日もみなさまにとってより良い一日でありますように。