アメリカ株と中国株のブログ

Twitterフォローしてね:@sunnyra38541895

KDDIの決算についての雑感 #924

f:id:toushiblog:20210202082711j:image

引き続き自分の保有株の決算を見ていこうと思います。今回はKDDIです。KDDIは今回の通信料金値下げ問題を受けてプランを発表しましたがそれがユーザーには受け入れられずその後新しい料金プランを発表しました。そのプランはとりあえず一定の評価を受けこの問題は一旦鎮静化したように思われます。そしてこの値下げした料金プランの影響をどのようにして受けるのかそれはもう少し先の決算により明らかになるのだと思います。

今回の決算はそれら一連のすったもんだ以前の営業活動による結果によるものです。コロナ禍にあってKDDIという企業はどうだったのかという決算だと思います。

 

決算の結果は良かったといっても良いと思います。売上も利益も増えていますし一株利益は前期より下がっていますが年間を通せば昨年よりも高い数字になると思われます。年間を通し昨年よりも一株利益が伸びれば当然配当は維持されますし、増配も見込まれます。ということで個人的に何の問題もなかったという決算だと思います。KDDIは強いですね。配当も維持されますしそしてもちろん優待も維持されます。ということは大きく株価を下落させるということはないと思います。株初心者の方が最初に買う株としてKDDIは本当に鉄板中の鉄板ですね。

 

そんなKDDIですがここ数日間株価が下落しています。そして配当利回りも4%弱となっています。この辺りは自分は買い場だと思います。日本株のこの優良株が配当利回り4%で買えるというのは本当に良いタイミングだと思います。

自分も買いたいところですが自己資金が無いので今回は買えずに見送りそうです。以前学資保険とKDDIへの投資を比べたらブログのリンクを貼りましたが学資保険100万円使うよりもKDDIの株300株買う方が10年、20年後のリターンはKDDI株の方が良いと思います。確かに株というのは将来どうなるのかわかりません。しかしリスクを取ってもよい範囲でKDDIを子供の教育資金として運用するのはありだと思います。

 

先日のブログでAT&Tは日本のNTTだと思うと書きましたがとなるとKDDIはさしずめVerizonでしょうか。もちろん単純に比較などできませんし“全然違う”とかいうツッコミを受けそうです。しかし通信分野でありかつ安定した配当という点ではそれぞれ共通するのではないでしょうか(この中で一番大きいAT&Tが不安ですが)。KDDIはいつかもっと買い増ししたいと思っていますがなかなか買い増しのできない株となっています。この先も利益を伸ばしてくれればと思います。

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

何が辛いって買い増ししたいのに現金が無いことですね。まあそういう時は大人しく静観することにします。

それでは今日もみなさまにとってより良い一日となりますように。