アメリカ株と中国株のブログ

Twitterフォローしてね:@sunnyra38541895

六月に受け取った配当のまとめ #709

f:id:toushiblog:20200628055701j:image

6月もそろそろ終わろうとしています。なんだかあっという間ですね。ということで6月に自分がもらった配当金を記事にしたいと思います。配当金に関して自分のブログであまり書くことがなかったのですが記録に残しておきたいと思い書くことにしました。いわゆる備忘録的なやつですね。毎月末に書くようにしておいて毎年振り返るわけです。ちなみに今月はまだ残りがあるじやないかと思われる方もみえるかもしれません。もちろんそうなのですが、まあいわゆるネタ切れというやつなのでお許しください。あと6月も残りわずかですので配当をもらう予定が無いからというのもありますね。

 

まず6/4付でユニリーバ(UL)から0.445×15株で6.675ドルの配当を貰いました。税引き後の手残りが5.28ドルです。次に6/5付でファイザー(PFE)から0.38×20株で7.6ドル貰いました。税引き後の手残りが5.49ドルです。6/8付でアムジェン(AMGN)から1.6×5株で8ドル貰いました。税引き後の手残りが5.74ドルです。6/10付にIBMIBM)から1.63×10株で16.3ドル貰いました。税引き後の手残りが11.72ドルです。6/11付にアプライドマテリアルズ(AMAT)から0.22×45株で9.9ドル貰いました。税引き後の手残りが7.13ドルです。そして最後に6/20付でドミニオンエナジー(D)より0.94×20株で18.8ドル貰いました。税引き後の手残りが13.53ドルです。

合計は税引き前が67.275ドルで税引き後が48.89ドルになります。

 

ちなみにこの中でAMGNとIBMとAMATは売ってしまいましたので次の配当をもらう予定はないです。AMGNとIBMは株価を下げていて売ったことによって損していますがAMATは株価が上がって利益が出ている時に売っているのでプラスマイナスゼロぐらいだと思います。配当分も含めると損をしているということはないと思います。

そしてアメリカ株投資をされている方はご存知かと思いますがユニリーバADR株なのでアメリカでの税金はかかりません。つまり日本での税金のみ取られるということになります。ですからユニリーバだけ税引き前と後の比率が違います。ユニリーバはおよそ8割で残り他の株は7割の手残りになっています。

 

そしてこの6月に配当をもらう銘柄群ですが売ってしまった株があるので次の三ヶ月後の9月の配当は減る予定です。しかし12月と翌年の6月は違います。なぜなら日本株の配当が入る予定だからです。あくまで予定ですがオリックスKDDI、そしてNTTの三つから合計2万円ぐらい入ってくるはずです。こうなると6月と12月も配当が多く入る月になりますね。またKDDIもNTTも増配銘柄として自分はかなり信頼していますのでこの6月と12月の配当は毎年着実に増えていく配当月になると思っています。そして6月と12月は自分の働いている先の賞与月でもありますので賞与にこの配当が上乗せされると思うと自分の中でこの配当は嬉しいですね。KDDIとNTTは積極的に買っていきたい銘柄だと思っています。

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

自分の投資先は2月、5月、8月、11月の配当が多いです。おそらく予定ではそれぞれ5万円以上になるはずです。そしてそこに加えて6月、12月が2万円から3万円を配当で貰えるなら一年のうち半分の月で不労所得を貰えることになります。もちろんこれらの配当だけでは到底生きていくことはできません。しかしこれらの不労所得は自分のこれからの人生においてかなり生活を楽にしてくれる配当だと思っています。まだまだ配当を増やす余地はあるはずです。これからコツコツと増やしていきます。

それでは今日もみなさまにとってより良い一日となりますように。