アメリカ株と中国株のブログ

Twitterフォローしてね:@sunnyra38541895

とある床屋との会話よりインデックス投資について思うこと #689

f:id:toushiblog:20200608160702j:image

先日床屋に行ってきて髪を切りました。そこは以前まで1500円+税だったのですがいつの間にかリニューアルオープンして1800円+税になっていたのでした。いや別に安いからいいんですけどこのご時世に値上げするとはなかなかすごいなと思いました。そんな床屋さんですが髪を切ってくれた女性の方と株の話になりました。まあ自分が株式投資をしていたというのもあると思います。そこの髪を切ってくれた女性の方は株式投資というのを全くやったことがなくてなんだかよくわからない世界といった感じでした。なので自分が最近新型コロナの株価下落から利益が出てプラスになっているという話をしてもなんとなくピンときていない様子でした。

 

その床屋の女性は投資にピンときていない様子だけどもしかしなんとなく投資には興味のある様子です。そんな女性の方に自分が話をするとしたらインデックスをドルコスト平均法で買うということを話をしました。ドルコスト平均法は同じ額を買い続けるということですね。そうすると株価が高い時は少ししか買えずに株価が低いときにたくさん買えるという手法です。

つまりドルコスト平均法というのは株価がどっちに行くかわからないという時に安全な方法なわけです。そしてそのインデックスを買う際に選ぶ商品というのが全世界、もしくはアメリカの指数連動で買うのが良いというわけです。

 

株がよくわからないという方はインデックスのドルコスト平均法でいいと思います。だけどインデックス投資というのは本当に何もわからない人がやるわけです。別にそれはそれでいいと思います。そしてそれが正解なのかもしれません。だけど思うのがそんなにわからないものなのかということです。そんなに株価が向かう方向がわからないのかと考えてしまいます。もちろん傲慢になるつもりはなくて投資というものは謙虚さが絶対に必要だと思います。だけどインデックス投資ドルコスト平均法で淡々と買うほどそんなにわからないのかということです。

 

繰り返しになりますがインデックス投資というのは本当にわからない人がやる投資方です。しかし僕はそれだとつまらないし個別株の方が楽しいので個別株を買っています。そしていつかインデックス投資の運用よりも個別株の方が勝っていたと言えるようにしたいと思います。

ただ一番大切なのは投資から退場しないことだと思います。インデックス投資でも個別株投資でもよいと思います。長く続けて利益を積み増していって自分の将来の役立つ資産形成をしたいものですね。個別株で大きな利益をあげれるようにまたこのブログで運用結果などを書いていきたいと思います。

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

さてさて今日はレーザーテックが良い感じに上に行っていますね。どれだけ利益が稼げるのか頑張りたいと思います。まだまだ長期戦が始まったばかりです。

それでは今日もみなさまにとってより良い一日となりますように。