アメリカ株と中国株のブログ

Twitterフォローしてね:@sunnyra38541895

NTTを買いました #673

f:id:toushiblog:20200523151252j:image
手元にあった40万と貯金の10万を出してNTTを200株買いました。買値は2442円あたりだったと思います。そして買った後に株価が下がっていってショックです。もしかしたら2300円代で買えたかもしれません。とはいえ長期で持つつもりですし配当の利回りも4%以上あるのでこれはこれで大きいです。今のところ100株で1万円の配当が入ってくる予定ですので50万円弱の投資で毎年2万円ずつの配当になるわけです。本当はNISA口座を使いたかったのですがもうすでに使い切ってしまっていたので特定口座で買うことにしました。2万円とはいえ自分の年収が増えるのは嬉しいですね。

 

なぜNTTにしたかというと株主還元はもちろんですがちゃんと連続増配してくれてるからです。KDDIでも良かったのですがKDDIよりも配当利回りが高いので今回はこちらを選びました。またdocomoよりもNTT本体を選んだのはNTT本体の方が配当性向が低くまだまだ増配余地があると思ったからです。NTTの配当性向は40%程度です。通信事業はインカムキャッシュが安定しています。なのでこの先、配当性向が増えてさらに配当を増やしてくれたり自社株買いをやってくれると信じたいと思います。

 

自分の持っている通信株はAT&T、Verizon、KDDI、そしてNTTとなりました。この中で一番配当利回りが高いのがもちろんAT&Tです。7%あります。そして投資額も150万程あります。そして次に多いのがNTTで50万円、そしてKDDIが32万円でVerizonが11万円程です。NTTとVerizonが配当利回り4%強ですが増配率が高いです。ただしVerizonの方はアメリカ株なのでアメリカでも配当金に税金がかかってしまいます。KDDIは配当利回が4%弱で増配をしてくれるのですが優待がこれ以上買っても増えるわけでないです。つまり何が言いたいかというと次にもしこの中から投資額を増やすとしたらAT&TかNTTになるというわけです。AT&Tも少しずつですがちゃんと増配をしてくれているわけですしね。ただしVerizonの株を買うとしたらそれは分散投資の観点からです。Verizonにしても財務がしっかりしているし悪い株では無いからです。

 

NTTをちゃんと調べたわけでは無いのですが(その割に株を買ってしまっていますが)NTTは大きな企業と事業提携をしていてそれこそ今のリモートワークの手伝いをしたり他にもクラウド事業を行ったりといろいろやっています。アメリカの大きなIT企業がやっていることを実はこっそりとやっている企業といえるのではないでしょうか。そして当たり前ですがこの会社が潰れることは絶対にありませんですしこれからどんな感じに配当が増えていくのか毎年の楽しみにしたいと思います。今50万円の投資で2万円のリターンなので配当利回りが4%です。このリターンが2.5万円になれば配当利回りが5%になり、リターンが3万円になれば配当利回りが6%になるわけです。そして3万円を超えれば税引き後の手元に残る配当が6%ということになります。はてさて20年後にどうなっているの定期的にチェックしていきたいですね。

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

というわけです現在の自分はとうとうというか遂にというかフルインベスメントとなりました。理由はもう少しで給料が入ってくるというのもありますしあとはなんといっても定額給付金が入ってくるというのも大きいです。つまり僕個人にとっては定額給付金が投資に向かわせる動機になったというわけです。10万円と言わずまた更に10万円、20万円と欲しいものですね。アメリカなんて自動的に口座に振り込まれるなんて聞きました。もうそうやって雑でもいいから配って欲しいですね。そうすればみんなどんどんお金を使うのにって思います。

それでは今日もみなさまにとってより良い一日となりますように。