アメリカ株と中国株のブログ

Twitterフォローしてね:@sunnyra38541895

ついに買うことができました、通信事業と株です #666

f:id:toushiblog:20200515150650j:image

今このブログ記事を書いているのは5月15日14:30です。つまりこのブログは昨日の昼に書かれたものです。ですから昨日の夜から朝にかけてアメリカ株がどう推移したのかはわかりません。まあだからどうしたというわけではないのですが昨日日本の株式市場が開いた時にKDDI株を100株買いました。僕は基本的に決算を“見てから”買うタイプなのでKDDIの決算が良かったこと、増配をするということ、そして自社株買いをするということで買うこと決めました。買い値は3190円ぐらいだったはずです。今KDDIの株を買っていたり買おうとされている方と僕も同じことを思っています。そうですね、2000円代で買いたかったですね。僕も同じです。

 

まあしかしそんな方々に思いを共有するとすれば長期保有していればそんな心配、というより後悔は吹き飛びますし何よりいつのまにか株価が高くなっていて今度は後から入ってきた人に内心でドヤってやればいいと思います。そんな株だと思います。連続増配も繰り返しています。以前NISA枠でBTIを買うのは最強だなんて書きましたがKDDIをNISA枠で買うのも最強の部類だと思います。ただほんの些細な注意点があるとすれば株主優待は元々税金がかからないわけだからNISA枠を使うのはもったいないといったところだと思います。

そうなんですKDDI株主優待にカタログギフトが付くんですよね。僕自身優待があまり好きではないと公言していますがもらったらもらったで素直に喜んでしまうかもしれませんね。

 

通信事業というのは本当にその国にとってとても大切な事業です。なぜなら今やインターネットは贅沢品でもなんでもなくて水道水や電機などと同じような生活インフラと化しているのです。そしてその通信事業というのは“濡れ手に粟”という事業になります。

少し前に世界で一番の資産を持っている人を調べた時よく名前の知らないメキシコの人が出てきました。その方が何をしているか調べてみたらなんのことはない南米の通信事業の偉い方でした。通信事業を独占して通信料を意のままにコントロールしていたわけです。

もちろん日本でそんなことが許されるわけもないのですがしかし情報というのは生きていく上でとても大切なツールでそこの事業は濡れ手に粟であるということには変わりないと思います。

 

僕が参考にしている方のブログを遡ってみてみるとその方は2013年頃にKDDI沖縄セルラーに投資をしていました。とてもすごいですよね。その頃から保有し続けると当然株価の上昇と配当金の上昇、両方で恩恵を受けることができます。僕自身日本株があまり好きではないと以前のブログに書いた気がしますがこういった株価も配当も上昇していってそして事業者は株主のことを考えてくれているなんて最高の株だと思います。僕も10年、20年と持ち続けたいと思います。

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

通信事業というのは当たり前ですが不況に強くて、そしてここが大切なところだと思うのですが“キャッシュリッチ”な財務状況だと思います。ですから新型コロナでアメリカ株が下落した時にVerizonを買ったのでした。

他方AT&Tは......。いやいいんですけどね。拾っていきますからね。

それでは今日もみなさまにとってより良い一日となりますように。